スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ワタクシ的マイケルさん追悼動画。
実はいまだに、マイケル・ジャクソンさんが故人になってしまった実感がありません。
元々、存在自体が私とは別次元な感じで、何と言うか、生死に関わらずあのお方がスーパースターであることは変わらないというか…。


と、いうわけで、マイケルさん関連で個人的にお気に入りな動画です。

ニコニコ動画界隈では昨年、様々な曲を吉幾三さんの「俺ら東京さ行くだ」の歌詞と合わせる、いわゆるマッシュアップ作品が流行しまして、それらの作品をIKZOと称するのですが。
そのIKZOの中でも最高傑作との呼び声高いのが、こちらです。



また、こちらはかなり昔に某所でも紹介させていただいたものです。


マイケルさん関連のマッシュアップ作品に完成度の高いものが多いのは、作者さんの編集技術もさることながら、マイケルさんがそれだけ、魅力のあるアーティストであることの証明だろうなと。
改めてそう思います。


最後は普通に追悼動画として相応しいかな?と思ったものを。

ステージに立って、微動だにしていない状態でこの歓声!
コンサートでもないのにこれだけ盛り上げられるって、「すごいやマイコー!」以外に言葉がありません。
というか、何の説明もなく、いきなりこちらの動画を見せられたなら、スーパーボウルのハーフタイムショーだとは思わなかったでしょうね、私ゃ。
スポンサーサイト
2009/06/30(Tue) | 動画話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
R.I.P. Michael Jackson
久々にここで動画を貼ろうかな。
ジャクソン5のアレなんかいいな~♪
…と、思ってネットを立ち上げた瞬間、マイケルさんの訃報が飛び込んできました。

私自身、取り立ててファンというほどではありませんが。
動画サイトでは、マイケルさんやジャクソン5のマッシュアップ作品を楽しく見ていましたし、マイケルさんのことは容姿や私生活が色々取りざたされていても、エンターティナーとしては超一流の方だと思っていました。
なので、とても残念ですね。


そんなわけで、今日貼ろうとしていた「ジャクソン5のアレ」は、後日改めて貼ろうと思います。
楽しませてくれた感謝の気持ちとともに、作品を見て故人を偲ぶのが、私なりのマイケルさん追悼になりますかね。

謹んで、ご冥福をお祈りいたします。
2009/06/26(Fri) | ネット以外で思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
9巻発売と申したか…!
久々にくぼた印を見てみたところ
天体戦士サンレッド コミックス9巻 7/25発売
とのこと。

掲載誌ではなくコミックスで読んでいる者としては、wikipediaの内容はネタバレ気味ですが、9巻ではいよいよ、ネタバレなネタを堪能できるのでしょうか。
第2のフォームとか第2の満月がらみ怪人とか)
今から楽しみです^^
9巻が発売決定したということは、そろそろ2期の放映(配信)スタートの発表も…?


同じく7月に発売されるアニメ版サンレッドのファンブックは、原作コミックスもDVDも購入したので(あ!5巻!!)それほど気にかけていませんでしたけれど…
くぼた印内にある、くぼた氏のブログを見ると
フロシャイム便り出張版 天体戦士サンレッド アニメファンブック
というタイトルのようですね…

「フロシャイム便り」というフレーズに、少しグッときた自分がここに^^;
くっそぅ! この卑怯さは悪の組織の面目躍如ナリね!w



それと。
現在、アニメの舞台となっている川崎市高津区で例年開催されるイベントにて
(高津区民祭、多摩川花火大会)
サンレッドとのコラボを検討する動きがあるようです。

私自身は川崎市にゆかりはあれど、市民ではありませんので、協力できるとしたらものすごく小さいものになるでしょうけれど、実現に向けて何かお役に立てることがあるならば、協力させていただきたいですね。

だって今現在、サンレッドほど川崎市のイメージアップにつながる作品は他に見あたらないですもの♪
2009/06/20(Sat) | サンレッド話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日も今日とてロマンティッシュ
短時間だったり、キノコゲットのみのログインになることが多いですが、一応ネットを立ち上げるときにはログインするようにしています。


ワタクシ的に、とりあえず家具は一通り揃ったかな?という感じです。
そういやぁサムネの存在を忘れてました^^;
あと加えるとしたら、壁紙かカーペットぐらいで。

てっきり、MISTYタウン以外からのユーザーが「MISTYタウン広場」に出入りできるのは今月中までと思っておりましたが、19日の13:00からだったようで^^;
私ったら何処でそんな勘違いをしたのかしらw
サムネを知らなかったわけじゃないんだからね!忘れてただけなんだからっ!
多分、右側の街っぽいところが「MISTYタウン広場」かな?

「白い花畑」や「神秘の森」も夕方バージョンと夜バージョンが登場しましたね。
クリックすると大きな画像が見られる…筈です

何と言うかその…
夜の背景は確かに綺麗だと思います。
が、無性に虫除けスプレーが欲しくなるのは私だけでしょうか^^;


MISTYタウンでお世話になった方々とお会いできれば…というのもありますけど、新たにロマンティッシュでお近づきになり、楽しく過ごせると良いなぁと思いますね。
チキンハートには勇気が必要ですけど、まぁ気負いすぎずに頑張ります^^
2009/06/20(Sat) | ロマンティッシュ話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
少し落ち着いた…かな?
昨日は三沢光晴さんの突然の訃報で動揺を隠せず、あまり眠れませんでした。

先ほどまで「うるぐす」を見ていたのですが、ノアでは昨日も予定通り試合が開催されていて、その試合前に10カウントゴングを鳴らした模様は、思わずチャンネルを変えてしまいました。

鶴田さん、馬場さん、橋本さんなど、亡くなられて悲しいと思ったプロレスラーは過去に何人もいらっしゃいますが
「この人の10カウントは聞きたくない!」
と思ったのは、三沢さんが初めてですね…。
(恐らくは最初で最後かもしれません)


全日時代というほんの一時期の、ファンとしては「にわか」な私がこのような状態ですので、ずっと応援していたり、当日の試合をご覧になっていたファンの方々のご心痛は察するに余りあります。

各プロレス関係者の皆さん
そして、三沢さんにバックドロップをかけた選手の苦悩も…
斉藤彰俊選手のことは詳しく存じ上げませんけれど、精神面で思いつめなければいいなと思います。


ネット上では既に、ブログをお持ちの選手・関係者を中心にお悔やみのコメントがUPされています。

北斗晶さんのブログでお悔やみのコメントがUPされた一方で、その旦那さんであり、当日の試合に参加されていた佐々木健介さんのブログでは
>当分の間は選手のメンタル面を考えblogは控えさせて頂きたく、お知らせさせて頂きます。

文章自体は事務的なものに徹している感じですが、興行に参加されていた方としての思いというか、言葉で容易に表現できない感情が行間から伝わってくるようで、個人的には印象的な記事のひとつですね。


また、三沢さんの全日時代に実況を担当されていた福澤朗さんがバンキシャでどのようなコメントをされるのか気になっていましたが。

番組内でこの件について語られた時間が同じ日テレ系の「THEサンデーNEXT」「うるぐす」に比べて大幅に短いものでしたけれど、それを伝える福澤さんの沈痛な表情が印象深かったです。
当然、番組内での福澤さんのコメントも短いものでしたが、番組HP内のコラムでは、福澤さんの思いが綴られています。

コラムの内容をすべて番組内で語っていただいても良かったかなとは思います。
しかし、実況を担当されていた当時、一部のプロレスファンから
「アイツ、本当はプロレスが嫌いなんだろう」
などと言われていたりしたので、福澤さんの心境を知ることが出来たのは素直に良かったです。

やはり三沢さんは、福澤さんのアナウンサー人生を語る上で欠かせない存在ですもの。



私もまだショックが抜け切らない状態ですが…
今日のところは麦茶でも飲んで寝ます。
2009/06/15(Mon) | ネット以外で思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
三沢光晴さんのご冥福をお祈りいたします。
※只今、気持ちの整理がついていないため、今回の記事は文法的な間違いや読みにくい箇所があるかもしれません。


プロレス三沢選手が死亡 広島、試合中に頭部強打

今現在、「信じられない」気持ちでいっぱいです。
私が全日本プロレスに注目しだしたのは三沢選手のタイガーマスク時代末期あたりからで、試合中に突然マスクを外して以来ずっとファンでしたし、苦境に立たされても前向きに頑張る姿に励まされていました。


あらためて動画サイトにUPされている三沢選手の試合を見た印象では、今回亡くなられるきっかけ(?)となったバックドロップやジャーマンスープレックスなど、頭部(頸部)にダメージを受けるリスクの高い技の受け身は上手い選手だと思うのですが…

リンクさせていただいたニュースサイトでは、観戦していた方の証言として
「今日は体調が悪そうで、大丈夫かと思っていた。」
とあり、そのあたりも関係しているのでしょうか。
現時点では詳細が不明ですが…


今、ネットで色々検索しつつ、三沢選手の思い出を振り返っていますが、私は選手としての三沢さんのことは90年代初頭~中盤あたりをメインに注目していたので、心に残る試合はその頃のものがほとんどです。

中でも、マスクを外した直後(1990年ごろ)に故・ジャンボ鶴田さんと対戦した試合が深く印象に残っています。

当時の鶴田さんは選手としてのピークを迎えており、ガタイのいい外国人選手とも対等に渡り合える強さで(確かあのとき、3冠王者だったような)、若手選手にとっては超えるべき壁のような存在でした。

そんな鶴田さん相手に、当時若手の筆頭レスラーだった三沢さんが挑む形の試合だったのですが、試合前の下馬評は
「まぁ三沢は鶴田の胸を借りる感じ? 鶴田にはまだまだかなわないでしょ」
といった感じでした。

ところが、三沢選手はこの試合で大健闘し、大方の予想を裏切って見事にフォール勝ちしたのです。
このとき、TV中継の解説席にいた故・ジャイアント馬場さんは感極まって涙を流し、実況アナウンサー(確か、若林さん)が
「馬場が泣いています!」
と叫んでいました。

※6/14 4:50追記
この試合の模様を動画でチェックしたところ、感極まって涙を流していたのは三沢選手ご自身で、馬場さんが涙を流していたのは別の試合でした。
私の記憶間違いです。申し訳ありません。




まだまだ思い出はありますけれど…
馬場さんが亡くなられて以降はプロレスをあまり見なくなったため、ノア(三沢選手が立ち上げたプロレス団体)でのご活躍は詳しくないのですが、それでも、私にとって三沢選手は
仕事は一生懸命で、リングを下りると面白い方
であり、魅力的な方であるという印象は変わりませんでした。

そして、恥ずかしながら、私にとっての三沢光晴さんは、青春時代のヒーロー的存在でした。


謹んでご冥福をお祈りいたします。
2009/06/14(Sun) | ネット以外で思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
ロマンティッシュの「留美 茄子世」
スタート時はぶっちゃけ、拘置所か捕虜収容所か!?の如き体裁だった部屋も何となく部屋らしくなり、服も新調いたしました。


いやぁ、スタート時は何もない一室に黒のパーカー+ジーンズな出で立ちだったために、画面を見た我が夫から
「囚人かっ!」
と揶揄されましたが^^;
もうそんなことは言わせません。
もし言ったなら、ヘッドロックのひとつでもお見舞い…ゲフンゲフン…

ま、部屋に関しては、家具をあと2~3揃えればいいかな?という感じですね^^
欲を言えば、壁紙は夏限定で東南アジア風なものがあったらいいな~なんて思いますが。


個人的な要望としては
1.特定の方のお部屋に遊びに行く際には先方さんのご都合をお聞きできたらと思うので、ショートメッセージ機能が欲しい。
2.広場(フリーチャット)にいる人数だけでなく、いらっしゃる方のHNを表示していただけると嬉しいかな?
3.せっかくお部屋に遊びに行く&来ていただくのに何の手土産もおもてなしも出来ない、というのも何だか寂しい気がするので、コーヒーセット(ティーセット)やお菓子類を販売してもらえると良いなぁ♪

といったところでしょうか。

あと、現状ではひらがなで始まるHNの方を検索しても表示されない…のかな?
(私は何度か試してみましたが、引っかかりませんでした)

1.に関しては、何らかの解決策が出るまで、取りあえずはこちらの都合を明記してみようかな?
ってな感じで、ちょっと手が離せないなど、事情があるときにはプロフィール欄に表記しています。



今月に入ってから、徐々に広場(フリーチャット)を覗いていますが、個人的には比較的人の少ない「白い花畑」と、ロマサガ3に登場するグレートアーチという街にちょっと似ている「夏の浜辺(とくに昼)」がお気に入りで、よく遊びに行っています^^
また、6月いっぱいまでは「MISTYタウン広場」の誰もいないエリアでPちゃんに言葉を覚えさせつつウロウロする予定です。
2009/06/11(Thu) | ロマンティッシュ話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
レッドさん(笑)
他所から仕入れた情報なのですが…

来たる6月20日、川崎フロンターレ市制記念試合なるイベントが開催される由。
(ちなみに、川崎市の市制記念日は7月1日です)

市制記念試合に市民をご招待のお知らせ(キャッシュ)

ハーフタイムに西城秀樹ショーが開催されたり、フロンターレのふろん太くんをはじめ、川崎市の様々なマスコットキャラクターが勢ぞろいと、なかなかに楽しそうなイベントのようです。
が、しかし。
出場予定キャラクターの中に
レッドさん(アニメ)

川崎市にゆかりのあるレッドさんって…
あの人しか思いつかないのですが…
しかし、「レッドさん」………
ひょっとして、ヴァンプ様ったら何気にフロンターレを支配しちゃいましたかねw


それと。
西城秀樹さんは、実は長年の川崎市民なので出演は分かるのですが、川崎市のお役所系マスコットは正直、いつからいたの?アナタたち!?という感じです^^;

唯一、水道局のウォータンだけは、川崎市の水道局のチラシを見て把握いたしました。
しわくちゃですみません^^;


パッと見スライム…
右側にいるのがウォータンですね
(女の子キャラの名前はわかりません^^;)
よくよく見たら、原作6巻のp.109でレッドさんのTシャツにプリントされているキャラクターは…ウォータンですね!


そして、同じく原作6巻・ヘルウルフ君と初対決(?)の際のTシャツロゴ「生田の恵水」元ネタです
恵水と書いて「めぐみ」と読むのですね

川崎市には「生田(いくた)」という地区があるのは知っていましたが、レッドさんのTシャツで見かけるまで、その生田でおいしい水が採取されているのを知りませんでした。
あと、この水道局のチラシを見るまで「いくたのけいすい」と読んでしまっていました^^;

くぼたまこと氏は川崎市在住当時、TVKの番組を頻繁にご覧になっていただけでなく、お役所関係のチラシなども小まめにチェックされていたのですね^^
2009/06/07(Sun) | サンレッド話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。