スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
訃報~川村カオリさん
第一報を某所で見かけたときには正直、愉快犯が嘘書いて釣ろうとしてるのかね?…と思ってしまったのですが…

先ほど川村さんのブログにて確認しました。
…また新しい転移が見つかって、ずっと闘っていらしたのですね。

川村さんについてはここで以前書きまして、そのときから漠然と、そう遠くない将来こういう日が来てしまうのだなという覚悟のようなものはあったのですが…
三沢さんといい、川村さんといい、私にとって苦しい時代の心の支えとなっていた方が相次いで亡くなられてしまうのは、とても残念です。

辛い闘病生活を、よく頑張ってこられましたね。
お疲れ様でした。
あちらでは、お母様と楽しく過ごせますように。
そして、ありがとうございましたm(_ _)m

…と、彼女にはお伝えしたいです。


個人的に印象深い川村さんの動画を2つ。

デビュー曲のZOO
辻仁成さんバージョンが有名ですが、最初に歌ったのは川村さんです。
川村さんもラジオで「最初に歌ったのはカワムラだよ!」と仰ってましたっけ^^


ロシアの「黒い瞳」という曲をアカペラで歌われたもの。
昨年10月のガン再発発表直後にこの動画を見て、胸が締め付けられるような、切ない気持ちになりました。



最後に。
謹んで川村カオリさんのご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
2009/07/28(Tue) | ネット以外で思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
高津区民祭 その2
実は明け方まで眠れず、ちょっくら寝坊してしまったので、ひょっとしたらお目にかかれないかも!
なんてハラハラしていたのですが…

いました!


大山街道沿いにある郷土資料館から、彼らがひょっこり現れたときにはちょっとびっくりいたしました。
(いや、絵的にw)
で、ご一行は、その郷土資料館付近にある酒屋さんにて、約20分ほどチラシ配りをしておりました。

個人的な印象としてはサンレッドを知っている人、知らない人、半々な感じでしたが、知っている人はご一行の写真を熱心に撮っておりました。
私も ねっ☆


実は戦闘員が気を利かせてくれて、ヴァンプ様、レッドさん、私の3ショットを撮ってもらったんですけど…
とてもじゃないけどUPできるものではありませんww
戦闘員もヴァンプ様もレッドさんも、誰も悪くありません。
何というか、上の写真の真ん中で、小柄な関取が浮かれポンチになっている図を想像していただければorz


この場にいて痛感しましたが、子供さんの間ではサンレッドの知名度は極端に低いですね。
少し前に、付近の小学校でシンケンジャーショーをやっていたからか、子供さんはシンケンジャーに夢中というか、レッドさんを見て「きょとーん!」でしたw

まあ、知名度が低いからこそ、ご一行に遭遇した際の子供さんのリアクションが面白かったですね。
レッドさんは子供さんに優しくしているんだけど、子供さんの方が未知との遭遇状態でなかなか打ち解けなかったり。
(でも最後の方では、一緒に写真撮ったり、握手する子供さんもおりました^^)
ヴァンプ様に至っては
「め、目が黄色いよーーーーーっ!!!」
と叫ぶ子がいたりww


高津区で採れた野菜販売コーナーで売り子をするヴァンプ様。
本当、野菜が似合うお方ですわ^^




ご一行は皆さん、「サンレッド」をよく理解されていて、原作やアニメのイメージに忠実な動作をなさっておられました^^

高津区に多少なりとも縁のある者としては、高津区のお祭りにヴァンプ様ご一行がいらしたことはとても嬉しかったです。
今回の主催者さんには心からお礼を申し上げたいですし、これからの活動も陰ながら応援したいと思います^^

来年も来てくれると嬉しいな♪
2009/07/27(Mon) | サンレッド話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
高津区民祭 その1
高 津 区 民 祭
これは、神奈川県川崎市で繰り広げられる、善と悪の…
もといw
川崎市の高津区と呼ばれるエリアで年に一度開催される夏祭りです^^

普段は、ごく普通の細道な大山街道も…


今日は昼間っから賑わってましたね~


見渡す限りの人・ヒト・HITO!


例年のことですけど、歩きにくいったらありゃしません。
警察の人たちが
「右側通行にご協力くださ~い」
と、一生懸命誘導しようとするも、人の流れは既に左側通行になってしまっているのも例年通りでした^^;

そんな感じで、移動しにくいことでお馴染みな区民祭ですが、パレードやお神輿など、お祭らしい見所も多々あります^^
  

今年はお祭りでお馴染みの食べ物系をあまり堪能しませんでしたけど、例年以上に楽しむことが出来ました。
なぜなら・・・ふっふっふっw
2009/07/26(Sun) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サンレッド9巻買いました^^
いや~噂には聞いていましたけどかよ子さんが大幅に可愛くなっているではありませんか!
今までの「仕事の出来るイイ女」テイストも好きでしたけどね^^

ぶっちゃけ、今回に関してはタイトルを天体戦士サンレッドから内田かよ子に変更しても違和感ないかもしれませんねw


以下、簡単に感想を書いてみます。

・かよ子さんのみならず、今回はヘルウルフ君も可愛かった!
今回収録されているお話は、是非二期で見てみたいです。
ウサコッツは、かよ子さんのマンションに住んじゃえば良いと思うの、私。

・ゲイラス君といい、Pちゃんといい、モチヅキ君といい、フロシャイムには傍にいてくれると何かと便利そうな怪人さん多いです ねっ☆

・溝の口に店を構えて40年の定食屋さん…
なんとなく、最寄り駅は溝の口の隣りの「高津」なイメージがあったりして。
溝の口は丸井とノクティが出来てから、満月のタイザ君の如き変容をとげましたけど、あの辺はあまり変わらないから…かな?

・ヨロイジシ君のしゃべり方が不自然w

・なんか、アントキラーのキャラが微妙に変化したような??
ちなみに、モギラモゲラが本を借りた高津図書館は、今年で開館80周年だそうですよ^^

・プロミネンスフォームも東映系特撮(ライダーとか)っぽくてカッコいいじゃない♪

・何つーか…ナイトール君がんばれw

・実はタイザ君の設定はwikipediaで知ってしまっていたのですが、もうちょっとクールな容姿を想像していました。
てか、静岡出張所で下宿している木元君に似ているような??

・ロウファーさんじゃないけれど、私もレッドさんのTシャツロゴ(高津区民祭)に笑いました。
まさか祭の前日にお目にかかれるとはww



そんなわけで今週(先週?)は頻繁に川崎市に足を運び、川崎市が舞台の漫画を購入し、まさに川崎市強化ウィークな一週間でした♪
2009/07/26(Sun) | サンレッド話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明日は区民祭。
日付け的には、もう今日でございますがw

お祭りのメイン会場となる、大山街道の様子を撮ってみました^^


大山街道というのは国道246号線と並走する形の道路(というか細道)で、アニメのサンレッドのOPで、レッドさんがあのまま真っすぐバイクを飛ばしたら、ここに行き着く感じですね。

お祭りになると、このあたりは夜店が脇を固め、お神輿やパレードの通り道となります。
ただでさえ細い道が余計に細くなって歩きにくい
とも言えるのですが^^;


当日の催し物をチェックしてみたところ、シンケンジャーの皆様もいらっしゃるようですね。
流石にシンケンジャーには適わないでしょうけれど(全国区ですしねw)、溝の口がホームグラウンドのあの方々に会えることを信じて、午後イチぐらいにこのあたりに来てみようかと思っています。


その大山街道沿いにある公園の様子です。


ここの公園にはコレがあるのです^^

コレは以前も撮りましたけど、ボケていて納得いかなかったので、リベンジ。

2009/07/26(Sun) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
川崎大師みやげ♪
くず餅と、はとの卵なるお菓子でございます^^
最近、サムネがクセになっちゃったw

川崎大師の参道では、複数のお店で くず餅を販売しているのですが、どこのお店も「久寿餅」という名称で統一されているのと、ナニユエくず餅がメイン土産になっているのかが、いまだによく分からないんですよね。
昔このあたりで葛が取れたという話も、特に聞いたことありませんし。
あとでグーグル先生にきいてみよっと♪

「はとの卵」はアーモンドを白い粉状の何か(粉砂糖ともチョット違うような?)でコーティングしたもので、例えるなら和風ドラジェとでも申しましょうか^^
見た目の形状がハトの卵に良く似ていて
「そうそう!あの人たちはこういうのを2個産むのよ~!」
とか思いつつ、つい衝動買いをww


で、なんでまた川崎大師に行ったのかというと…

風☆鈴☆市
を見に行ったのでございます^^


全国津々浦々の風鈴が集まって、涼しげな音色を奏でる光景は、壮観でございました。


参拝所前にも風鈴が飾られていました。

ここは正月三が日ともなると、人々が鬼のようにごった返すんですよね~


肝心の風鈴の方は…
山梨代表の水晶風鈴がステキ♪と思ったのですが、大幅に予算オーバーだったので^^;
本当に風鈴を見ただけという有様となってしまいましたorz
水晶風鈴、風水的にも良さげな感じだったんだけどな~…トホホ…
2009/07/26(Sun) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ほらご覧よ 溝の口を 虹のアーチ♪
昨日の夕方、溝の口駅に降り立ったところ、大勢の人たちが携帯電話を空に向けている光景に出くわし、何事ぞ!?と思ったのですが…

こういうことでございました^^
クリックすると大きな画像で見られます。画質はアレですが^^;
ワタクシめも速攻で「携帯を空に向ける集団」の一員になってしまいましたよw

よく見ると、虹は二重にかかっておりました。


丸井のビルの窓に映る虹です^^



そんな溝の口では、毎年7月の最終日曜日に高津区民祭という夏祭りが開催されるのですが、駅周辺では既に提灯が掲げられています。


毎年お昼ぐらいからイベントが始まって、川崎フロンターレの選手が来たり、ヒーローショー(去年はゴーオンジャー)なども開催されていたりするのですが、私は夕方以降に繰り出して出店を堪能する、花より団子な色気より食い気スタイルで区民祭を楽しんでおりました。

が。

今年はカメラ持参で昼間から会場入りしてみようかと^^
これまで何度も区民祭に行っておりますけれど、イベントの方に注目するのは今年が初めてかもしれませんね。

今年はどんなヒーローが来るのかな~♪
(イヤンわざとらしいw)


そんなわけで、今年の区民祭は例年以上に楽しみでございます^^
2009/07/20(Mon) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
駅メロの話。
先日、京浜急行(以下、京急)を利用する機会があったのですが、横浜駅で電車待ちをしていたら
「電車がまいります」
のアナウンスのあとに、いしだあゆみさんの「ブルーライトヨコハマ」が流れてきました。

そういえば京急って、いわゆる駅メロが充実しているんですよね。
京急川崎駅も、坂本九さんの「上を向いて歩こう」ですし。
(坂本九さんは川崎市出身)


京急以外では、小田急の祖師ヶ谷大蔵駅の駅メロがウルトラマンなんですよね。
(上り:ウルトラマン、下り:ウルトラセブン)


JRは発車メロディが充実しておりますが、個人的に一番のお気に入りは蒲田駅の「蒲田行進曲」です^^



そんなステキな駅メロたちを聞いていて、普段京急などを利用されている方がとても羨ましくなっちゃいました。
だって東急は駅メロ無いんですもの。
無いというか、採用する兆しすらありませんもの。

東急の沿線に、ゆかりのある著名人や作品が無いわけではないんですけどねぇ。
田園都市線の場合は、桜新町というところが長谷川町子さんゆかりの地で、それゆえ地元商店街はサザエさんで一生懸命盛り上げていますし。
松任谷由実さんが、かなり長い間沿線にお住まいですし。
そして、溝の口にはサンレッドがいますしw

今や日本で1、2を争うほどの朝ラッシュ混雑率になってしまった田園都市線で、サザエさんのメロディが流れてきたら、ほんの少しでも心和むのではないかな~と思いますけれどね^^

田園都市線以外でも、多摩川線の矢口渡(やぐちのわたし)というところにナムコの本社があるので、ドルアーガの塔とかMr.ドリラーあたりの曲を駅メロにしたら楽しそうだと思うのですが。


東急の路線自体は通勤や買い物に便利ではありますが、こういうところは勿体ないな~と思いますね。
2009/07/15(Wed) | 動画話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アライブ 生還者
以前の記事でウルグアイ空軍機571便遭難事故について触れさせていただいたのですが、この事故を題材にした「アライブ 生還者」を、ついに見ることが出来ました。
(といっても一週間以上前の話になりますが^^;)

同じくこの事故を題材にしたハリウッド映画「生きてこそ」の場合は、生存者たちの行動をダイジェストで追っていく形のストーリーでしたが、「アライブ」は生存者たちのインタビューと再現映像で構成された、ドキュメンタリー映画です。
それゆえ、飛行機の乗客の生活環境や、生存者たちのアンデス山中での心境がダイレクトに伝わってきました。

・ウルグアイの名門校ラグビー部のメンバーが、チリでの親善試合に参加するため、空軍機をチャーターし、一人当たりの金銭的負担を出来るだけ軽くするために友人・知人・親族を誘った。
・彼らは、敬虔なカトリック教徒である。

という背景からして、生きるために犠牲者の肉を食べる決断を下した彼らの苦悩が痛いほどに想像できますが、インタビューの中で、彼らがその心境を「語り部」の如く淡々と語っていらしたのが、とても印象的でした。

事故の当事者たちがそれぞれの感情よりも事実の方を重視して語れる心境になるには、やはり30年以上の時間が必要だったのでしょうね。


金銭は紙くず同然、水はアンデスの雪を溶かしたもの、食事は犠牲者の肉(しかも高確率で知り合い)、少量の歯磨き粉をなめることが食後のデザート代わり(歯磨き粉を管理していた生存者は、ある日突然歯磨き粉がなくなった事で仲間から疑われてしまったそうです)
そして、生存者たちが身を寄せていた飛行機の胴体部分に雪崩が直撃し、それによって仲間が命を落としてしまう…

この事故自体、何度も映画化され、世界中のドキュメンタリー番組で取り上げられていますが、「アライブ」は、救出されるまでの72日間の生活が、いかに絶望以外何もない世界であるかを最も効果的に伝えている映画ではないかと思いました。

それだけに、生存者の
「あの環境で72日も過ごしていたら、超常現象やホラーなどは気にならない。屁でもなくなる」
という証言は、非常に説得力がありましたね。


生存者たちが遺体を食べて命をつないだことに関しては、是か非かで判断すべきことではなく、そのことで彼らを責めることは出来ません。
それは遺体を「食べない」選択をして衰弱死した方も同様に。

ただ、アンデスの5000m級の山を2つ越え、10日間かけて人里にたどり着いた2人の青年をはじめ、心がすさんでしまってもおかしくない苛酷な環境で、大きな争いもなく(基本的に)まとまっていた生存者たちの精神力に対して、敬意を感じずにはいられませんでした。


映画の最後の方で、当時のマスコミの報道について触れられていたのですが、生存者としては
「我々の食事のことは遺族に対して失礼に当たるから、公表するつもりはなかった。
遺族に理解してもらえなくとも、事実は我々が直接伝えるべきであり、そのつもりでいた。
しかし、それよりも早くマスコミの報道によって遺族の知るところとなってしまった」

とのことですが…

「16人の生存者がアンデス山中で72日間生き延びた」
ことだけ伝え、「どうやって」生き延びたのかは敢えて伝えない姿勢が理想のように思えますけれど、現場で働く人にとっては青臭い理屈なのでしょうね。

当時のマスコミによるセンセーショナルな報道ゆえに、ウルグアイから遠く離れた日本でも、事故の詳細を知ることが出来る。といった一面も否定は出来ませんが…これは難しいところです。
私個人の気持ちとしては、生存者たちの精神力に興味があり、食べたものに関しては「辛かったろうな」以外に何もありませんが。

ただ、物事は見方により、立場により、色々な見え方があるのだということ。
生存者のインタビューを聞いて、その点を考えさせられました。
2009/07/13(Mon) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大井町線が(ふたたび)やってきた!
東急の大井町線は、窓ぎわのトットちゃんにも頻繁に登場する、そこそこ歴史のある路線です。
その歴史の中で、運行区間に変遷はあったものの、ここ30年ほどは
大井町-二子玉川(一時期、二子玉川園)
が、大井町線でした。

したがって、二子玉川駅の2番線は、ずっと大井町線の降車ホーム、たまに田園都市線経由で鷺沼まで行くものがあったぐらいでした。
(鷺沼という駅には、電車の車庫がある関係で)

し・か・し♪
昨日から、ついにその大井町線が、溝の口まで延長したのです!


いやー、大井町線が溝の口まで延長するという話自体は、10年以上前、それこそ某アニメの「ねっ☆」でお馴染みの丸井が出来る以前から聞いていて、でも一向に延長する様子がないから都市伝説かと思っていた時期もあったのですけどね^^;

それがここ数年、二子玉川-溝の口間で色々と工事がありーの、駅のポスターに告知がありーので、ついに昨日、現実となったわけです^^


溝の口駅の降車ホームでは、鉄道ファンの方々がカメラを構えて車両を撮影しておりました^^

そこに紛れて携帯で撮影した私w

東急電鉄 路線図
wikipedia:東急大井町線

wikipediaの方に詳しく書いてありますが、元々大井町線は溝の口を含めた田園都市線も通っていて、二子玉川園(当時)-渋谷間の開通をきっかけに、大井町線を二子玉川園止まりに変更させた経緯があるのですね。
(そのかわり、溝の口方面から渋谷まで直通で行けるようにしたと)

だから、正確には
大井町線が溝の口にやってきた!
ではなく
大井町線が溝の口に帰ってきた!
ですね^^
これをリアルタイムで知る者の年齢を聞いちゃいけません! みたいなw


ちょっと某アニメネタと絡めてしまうと
二子玉川-溝の口間には、「二子新地」「高津」という2つの駅があるのですが、時刻表をチェックしたら、昼間の一部の電車以外、この2つの駅は通過してしまうのですね。

フロシャイム川崎支部の怪人さんたちは、この2つの駅近辺に住んでいるイメージがあるので
(アニメ1話に登場したファミレスと、原作セミンガ君の家の最寄り駅は「高津」です)
ヴァンプ様はともかく、怪人さんたちにとっては延長の恩恵はそれほどかな?
どちらかというと、ヘンゲル将軍が川崎支部を訪問するのに便利になった感じでしょうか^^

というか、ヴァンプ様が渋谷方面に用事がある際、乗る電車を間違えやしないか心配ですねw
ニコタマのタカジマヤに行くのでしたら全く問題ないのですが ねっ☆



おまけ
数年前から二子玉川駅構内に住み着いている、ツバメ一族です^^


2009/07/12(Sun) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちょいと思ったこと。
インパクトの強い語り口の主張に対して、大きな反響があるのは良くあること。
発信元さんが共感にも反論にも、それぞれ真摯な姿勢で対応しているならば問題はないのですが。
逆に反対意見に対して徹底抗戦で構えたり、のらりくらりとかわしている様子を見ると
この人、自分の発した言葉に責任を持てないのかしら?
と思ってしまいますね。

…いや、ネットでの巡回先で、偶然前者と後者、両方のパターンに遭遇しちゃいまして^^;

そういう方たちというのは恐らく、注目願望を満たしたい気持ちが大きいのだと思うのですがね。
特に前者の人たちは「私を見て!」オーラむんむんでしたし。

行間から相手の言わんとしているところを読み取るといった、感覚的な要素も重要だけど、ネットは基本的に文字で意志の疎通を図る場所。
しかも、文字であるがゆえに、発した言葉がずっと残ってしまい、場合によっては
「そんな、何年も前のことをw」
では済まされないこともあります。

だからこそ、重要な意見であればあるほど、心して発言し、それによって何かあった際には出来る限り誠意を持って対応すべきかなと思うんですがねぇ。


真面目な意見に対してのらりくらり、論点をずらして、時には相手を茶化すような物言いで対応している様子を見ると、当事者でなくても呆れるやら悲しいやら。

思い切って本音を書いちゃいますと
考えが異なるだけで攻撃云々言う前に、自分が取ったコミュニケーションを考えてみやがれ。
他人に関心がないなら不特定多数が集まる場での自己主張なんか、やめちまえ。

…ってところですね。
あーすっきりした!


ただし、これを書いている私自身もブログ持ちであり、複数のSNSに参加させていただいている身。
こういうのが目に付いたということは、私にも注目願望ゆえの衝撃発言をしてしまう可能性もあるということでしょう。
(今回の記事は、自分としては溜まったものを吐き出しているつもりですが)
ここの場合は隔離所要素の強い辺境ブログですが、それでも、肝に銘じておきたいと思います。
2009/07/07(Tue) | ネット話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
これは、神奈川県川崎市であるw
昨日、溝の口に行ったらば、このお方がいらっしゃいました♪

位置的には、アニメでレッドさんが かよ子さんのお母さんを待ち、ヴァンプ様がサーターアンダギーを追いかけていたあたりですね。

「写真撮らせてもらってもよろしいですか?」
と聞いてみたところ、大きくうなずいていただけたので、お言葉に甘えてパチッとな☆

私が撮らせてもらう直前に、お勤め帰りと思しき二人連れの女性がヴァンプ様や戦闘員を撮っていました^^
(私も戦闘員×2を撮らせてもらったんですけど、ボケてしまいましたorz)

通行人の中でも、比較的若い人たちはヴァンプ様with戦闘員と分かっていて注目していた感じで
(私のそばにいた年配女性は「何なのあれは!?」と言ってましたが^^;)
確実に人気と知名度が上がっているんだな~と、しみじみ思ったりして^^


ヴァンプ様with戦闘員は、こういったものを配っておりました。

まぁ、普通にポケットティッシュなんですけれどねw

そして、ティッシュの中からこんなチラシが。



ぶっちゃけ、個人的に日刊スポーツを定期購読するかどうかは微妙なところですが、ただ、川崎市のイメージキャラクターとして定着していってくれると嬉しいですね。
もちろん、ヴァンプ様(フロシャイム)がねw
2009/07/04(Sat) | サンレッド話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。