スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ルピシアHPにグランマルシェのお詫びが。
久々にルピシアのHPを見たところ、「お知らせ」の2010.9.13付に
グラン・マルシェ2010横浜会場に関するお詫び
が記載されているのを確認いたしました。

http://www.lupicia.com/index.html
(下のほうにあります)

確かにね~。
私も会場に行って、ここにも9月13日付で書きましたけど、これまで3回足を運んだ中で最もスタッフさんの手際の悪さが目に付いてしまって残念に思いましたし。

このグランマルシェは入場するのに事前予約が必要で、予約の種類も

1.行きたい会場を指定して店頭で予約
2.行きたい会場、日時を指定して店頭orネットで予約
3.行きたい会場、日時を指定して電話で予約


とあって、多少の入場制限があっても優先的に入れる2で手続きしたんですけど、いざ行ったら某ネズミ御殿のアトラクションの如く列を成していて
1は列にも並べず(ただし、ちゃんと実行されていたかどうか?)。
3は最優先で入場。
そして日時を指定したはずの2が並ばされている有様で、こりゃ予約の意味あるのかね?って感じでございました。
というか、何で2よりも3が優先されたのか、いまだに分かりませぬ^^;
(何か見落としているかも知れませんが)

あと、今年は会場内をちょこまか動き回るチビっ子や、混雑の中ベビーカーを押して回る人が目に付いて、熱いお茶の試飲が多いのに危ないなぁと思ったのですが。

個人ブログさんなどを見て回ったところ
「託児スペースがありますので、お子様連れの方も…」
とあったので、それならと思われて足を運ばれた方もいらしたようですね。
いざ行ってみたら大混雑に対して託児スペースが小さくて満員ゆえに預けられず。
仕方が無いのでお子さんも一緒に会場に、と…

まぁ、いろんな面で明らかにルピシア側のミスが目立ちましたね。

現時点では横浜以外に名古屋、広島会場での開催が終了していて、個人ブログさん等の印象では名古屋も広島も概ね楽しそうで、両会場に行かれた方が羨ましゅうございました。


ちょいとグダグダ書いてしまいましたけれど^^;
レピシエ時代から10年以上ルピシアのお茶を愛飲している者といたしましては、横浜会場の件を教訓に、予約者数の把握、混雑時の誘導などを徹底していただきたいです。
イベント自体はお茶の面白さや奥深さを堪能できて、お茶マニアでなくとも充分に楽しめますしね。

ルピシアがきっかけで今まで気付かなかったお茶の楽しみ方を知ることができましたので、ずっとルピシアを好きでいたいのですわ。
た の ん ま す わ ~
ってな感じですw

これから開催される高松、札幌、大阪、仙台の各会場にいらっしゃる方々が楽しく過ごされることを祈りつつ…。
スポンサーサイト
2010/09/27(Mon) | ネット話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大分落ち着いてきました^^
親知らずを抜いた経過が ねっ☆

手術中は麻酔をしていたので痛みこそありませんでしたが、お医者様が必死で引き抜いているような
みしみしみし~~~っ!!
という感覚が脳に伝わってきて
「骨伝導…恐ろしい子…!!」
なんて思いましたけれど^^;

1st親知らず抜歯ミッションは、ごくごく普通に終了し、処方された抗生剤(普通にフロモックス)も残すところあと2錠になりました。
まだ腫れが残っていて、食事と歯磨きは地雷を踏まないような感じで、という以外は特に苦痛もなく^^

それにしても、抜いた当日から外見的な変化がほとんど無かったのは
上顎だったからなのか
お医者様が丁寧に仕事をしてくださったからなのか
元々私がぽっちゃり顔だからなのかw

麻酔が切れた後の痛みは、刺すような痛みがチクチク、ズキズキくるのかな~?
と予想していたら、痛いんだか痒いんだかよく分からないのがジワジワ来たので、痛み止め(普通にロキソニン)を飲むタイミングにちょっと悩みましたです。

何かジワジワ来てるし、飲んどく?
と思って、水を一口含み、首をかしげて地雷に触れないように喉に運んだら
飲むほどでもないのかなコレ?
というのが続いて、結局飲んだのは麻酔が切れてから2時間近く経過して微熱が出てきたときでした。

…ちゅーか私、痛覚鈍い??

あ、あと、親知らずの根っこが副鼻腔に少し到達していたらしく、1ヶ月ほどは風船を膨らませたり、強く鼻をかんだりしないようにとの通達がありました。
なので、もし鼻の穴にピーナッツを突っ込んで思いっきり飛ばしてみろと言われたら全力で断るしかないです。
ドクターストップですものね^^


抜歯は幼少時に乳歯を抜いて以来ウン十年ぶりになりますけれど…
最近の歯科技術は進歩してるんですね~。
抜歯前にきちんと説明していただけましたし、抜くときも出来るだけ患者側に苦痛を与えないように気を配っていただいたおかげでミシミシ骨伝導以外は大丈夫でしたし。

幼少時に衛生士さんから
「泣いてたらいつまでも終わらないのよ~」
と、吐き捨てるように言われていたのとは大違いでした。
(検索したら、親知らず抜歯体験を綴った個人ブログさんで同様意見が複数あって面白いと思いました^^)

と、いうわけで、来週は抜糸です♪
2010/09/25(Sat) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ちょっくら抜いてきます
親知らずを ねっ☆

はぁ…orz

何となく気になってきたので、手術ってどんな感じよ?
と思って調べたら、かなり専門的な歯科治療サイトさんがヒットいたしまして。
手術の過程が写真つきで丁寧に解説されていたのを目にして、ちょっとブルーでございますよ。ええw
(ちなみに骨バーなる器具は、今のところ歯科治療関係のサイトorブログ以外ではお見かけしません。骨ノミは整形外科等でも使用されているようですが)

今ちょうど、我が夫に北斗の拳ブームが到来していて、レンタルしてきたDVDを横から見ていた関係上
「痛いか?」
「い、痛い~っ!」
「助かりたいか?」
「助かりたい助かりたひ!!」
「…だめだな」
「やめてとめてやめてとめてやめてぇ!!…とめった!!」

なんて、ザコキャラを倒すケンシロウの様子を想像してしまったりして^^;

この状況で明るい要素を見出すとしたら
治療が終わって落ち着いたら、ちょっと小顔になれるかも?
しばらくの間は食べられるものが限られてくるので、体重落とせるかも?
同じく、食べられるものが限られてくるので、病院行く前のランチは豪華めにしとこうかな♪
(ディナーメニューが高すぎて入りづらかったお店か、硬いものが食べられなくなることを考慮して、歯ごたえのあるメニュー中心にするか?)

…といったところでしょうか^^


よっしゃ。
気合い入れて行きますか。
今度こそ
退かぬ! 媚びぬ! 省みぬ!
だわw
2010/09/22(Wed) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
来週は親知らずを抜きます。
<あらすじ>
上顎の歯が少し痛みだし、「虫歯かのぅ?」と、近所の歯医者に足を運んだLumines。
しかし検査の結果、親知らずが歯の神経を圧迫しているという驚愕の事実が判明したのであった。
親知らずを抜く決意を固め、歯科医の紹介状を手に某総合病院に向かったLuminesを待ち受けるものは、果たして…!?


とまぁこんな感じでw
昨日、それなりの覚悟で某総合病院の口腔外科に行きましたが、待ち受けていたのはレントゲン撮影と治療同意書と次回診察の予約でございました。

考えてみりゃ~初診であり、虫歯と勘違いした程度の痛みであれば、基本的にいきなり抜くってこたぁないですね^^;
ただ、同意書にとても恐ろしいことが書いてあったりして…

(内容は普通の親知らず抜歯の説明です)

何というか
「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」
ぐらいの意気込みで向かったところ、何もされなかった代わりに
「貴様には地獄すら生ぬるい」
と言われてしまったような?

いや、原因を取り除いてくれるお医者様には感謝と敬意はありますけれど、同意書の文面にビビるというのもまた、正直な気持ちですね。はい^^;

そんなこんなで来週は抜歯と消毒、月末に抜糸の予定でござりまする。
痛みに耐えられなかったらtwitterデビューして、北斗の拳のザコキャラの如く
「たわばっ!」
だの
「うわらば」
だの、つぶやいてみましょうかねw


北斗の拳といえば。
数年前、DJラオウさんという方がパチンコ北斗の拳の企画(?)で大変面白い番組を放送しておりまして。
その番組内で流れた「アミバ哀愁歌」という曲が私にとってはツボでしたw
2010/09/14(Tue) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
お茶の祭典2010
今年もルピシア主催のグランマルシェというイベントに行ってまいりました。



私は一昨年から関東地区会場に足を運んでおりまして
一昨年は横浜の大さん橋ホール
去年は池袋のサンシャインシティ文化会館
そして今年はパシフィコ横浜
だったのですけれど…
(去年の模様はこちらです。)

各会場の規模にそれほど差があるようには感じないのに、今年は
「ど~~しちゃったの!?」
ってなほどに、混雑しておりました。

一昨年も多少の入場制限はありましたけれど、それほど待たされることはありませんでしたし、去年は人が多かった割にはすんなり入れたのですが、今年は日程・入場時間指定で予約したにも関わらず、会場に入るまで20分ほどかかってしまいました^^;

どのブースも概ね盛況でしたが、特に試飲コーナーがものすごいことに…


去年も一昨年も、試飲コーナーのお茶は全部試して水っ腹!な感じでしたけど、今年はちょっと無理でしたね~。
人が多すぎ&一部で人の流れがカオス状態で…

結局、地域限定茶を数種類買って会場を後にしました。


一昨年、去年と、年々男性が増えてきているのは印象的でしたけれど、混雑に関しては~…
来年もこのような感じであれば、会場に行く気にはなれないかもですね。
主催者側も想定外だった感じでしたけれど^^;

来年は会場の規模の見直しなど、もう少し考慮していただけると嬉しいですね。
2010/09/13(Mon) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
多摩川の思い出。
ごみ対策でバーベキュー有料実験 多摩川、川崎市
http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010090101000509.html

二子橋を渡ることはあっても、多摩川の河川敷に足を向けることは滅多にないので、TVのニュース番組で初めて知った次第なのですが^^;

私自身、ごみ以外にもロケット花火を飛ばしまくったり、大きなスピーカーを運んできて大音量で音楽を流す人々を何度も目撃していますので、河川敷に来る人々のマナー向上のために市が動き出したことは良いことだと思います。
今のところ、河川敷の有料化がどこまで効果的かは未知数ですけれど。


ここからは有料化の話題から外れますが…
ニュース映像で川に入って水遊びをしているワカモノたちの様子を目にして、小学校時代に起こった出来事を思い出してしまいました。

私が当時住んでいた家の近所に、同い年の女の子が住んでいました。
この子は学校の予防接種とプールの授業が大の苦手で、その際には必ずといっていいほど大泣きしていました。
その上気弱な性格だったため、周りの子からは「いじられキャラ」と認識されていました。
(恥ずかしながら私もその一人でした)

そんな中、近所に普通の家庭とはちょっとズレた…
最も適切な表現を使うなら、DQNな一家が引っ越してきました。

大人たちは本能的に一家とは距離を置き、子供たちが一家の子供と遊ぶことも良く思わない様子でした。
(私の母親は一家の母親を完全に嫌っており、私が少しでも一家と接触したと知ると機嫌を悪くしました)
一家の子供たちの素行の悪さもあり、近所の子供たちも距離を置いていった中、気弱ないじられキャラの女の子だけが変わらず相手をしていました。

女の子は一家の男の子の嫌がらせのターゲットにされてしまい、頻繁に泣かされている様子を目にしました。
親切な子は女の子に対して
「アイツと遊ぶのやめな」
と言っていたようですが、女の子が彼から完全に離れた様子はありませんでした。
(男の子がしつこく付きまとって嫌がらせをしていたのかも知れません)

そんなある夏の日曜日。
私は女の子が一家宅の庭にあるブランコに乗っているのを目撃し
「あんなに色々やられたのに、まだ一緒に遊んでるのかね?」
と思いつつ、所用で出かけました。

女の子が溺れて亡くなったことを知ったのは、帰宅して夕食をとった後ぐらいだったと記憶しています。
私が彼女を目撃した直後、一家の父親と男の子が彼女を誘って多摩川に行き、川に入ってしまったと…

当時の多摩川は子供ですら入るのをためらうような水質であり、まして彼女は水に顔をつけることを怖がるほどプールの授業が苦手でしたので、第一報を聞いたときには亡くなったことが信じられなかったと同時に川に入ったことに対しても
「なんで?」
という気持ちでした。

今となってはどういう経緯で女の子が多摩川行きについて行ったのか、何故川に入ったのかも分かりません。

ただハッキリ記憶に残っているのは
女の子は強引な誘いを断れない子だったこと。
翌日の全校集会で校長先生がこの件に触れ
「川は見た目は緩やかな流れでも危険な場合があるから不用意に近づかないように」
といった内容のお話をされていたこと。
女の子のお姉さんは彼女が亡くなって以来、一切笑顔を見せなくなったこと…

そして問題の一家は以前にも増して近所中から白眼視され、女の子が亡くなって1年後ぐらいに引っ越してしまいました。


私にとって多摩川は今でも身近な川であり、楽しい思い出もあるのですが、同時にこういった思い出のある川でもあります。
身近にいる人が突然亡くなってしまった初めての経験でもあるので、何らかの折に脳裏をよぎるのは楽しい思い出よりもやはりこちらの方になりますね。

特に亡くなった日、アニメのキャラクターがプリントされた黄色いジャンパースカートを穿いて無邪気にブランコに乗っていた姿は、恐らく一生忘れないと思います。
2010/09/08(Wed) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チェブの誘惑に負けた…
今、ローソンではチェブラーシカキャンペーンを実施しております。
http://www.lawson.co.jp/campaign/cheb/index.html

私も見事に踊らされましたです。はい^^;


最近、体重の増加が激しくて、これ以上太れないんだけどな~…
というか、今年はイベントやキャンペーンに踊っているような気がしないでもない^^;

年末にはチェブの映画も公開されることですし、ローソン以外にもチェブキャンペーンを実施するところがあるのでしょうかねぃ。
(既にドトールでは実施されましたが)

はぁ…
チェブかわいいよチェブ
2010/09/02(Thu) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。