スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ちょっとだけtwitterに惹かれている件。
twitterに関しては、その存在自体は一昨年あたりから知っていて、「あ~なんか面白そう♪」と思っていたんですが、結局そのままに。
昨今の流行で本当に様々な人が利用している状況を見ても重い腰が上がらない感じで、今の今までアカウントを取得しておりませんでした^^;
(ただ、いろんな方のツイートは、たびたび拝見しております)

だが、しかし。
あるゲームデザイナーさんと某ゲームメーカーのディレクターさんが、あるゲームのリメイクおよび続編の企画案をtwitter内で意見交換されていて
こちらがそのやり取りをtogetterにまとめたものなのですが…
(ちなみに、togetterって使いこなせればすごく便利そうですね!)

その「あるゲーム」というのが私の中ではベストオブベストな最高傑作であることと、ゲームデザイナーさんが
>ご意見ご希望のある方は今のうちにどうぞ
と仰っているのとで、いよいよ重い腰を上げようかのぅ!?
なんて考えているところです。


た・だ。
肝心の「つぶやき」機能は私の場合、あまり使わないかもですね。
今のところ自らの思いのたけを書き記すのはブログで間に合ってますし、つぶやく話題があったとしても

「夜食べた西京漬けがしょっぱかった」
「温まりたくてファミレスに入ったのに風通しのいい席を案内された」
「顔面変形なうw」


など、受け手からすると
「こっちはオマエからその話を聞いてどうしろと?」
的な発言しか出来そうにないですしw
スポンサーサイト
2010/10/29(Fri) | ネット話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
弁当箱…?
巷ではぼちぼち、各化粧品メーカーのクリスマスコフレの情報が出始めておりますね^^
私はそれらを実際に買うことはあまりないのですが、ネットや雑誌を見て
「うひょ~☆ 眼福眼福♪」
な気分に浸るのが、今頃~11月上旬あたりまでの密かな楽しみとなっておりますw

今年は、毎度おなじみエスティ・ローダーの練り香水
http://biteki-coffret2010.269g.net/article/15646927.html

同じく、エスティ・ローダーのメタルコンパクト
http://biteki-coffret2010.269g.net/article/15646930.html
ちなみにこちらのメタルコンパクトは、来年の干支をモチーフにしたものを必ず発売していて(今回はウサギ)、ネット上では逆干支のお守りとして購入を考えていらっしゃる酉年生まれさんがチラホラと^^

あとはエレガンスのリップカラーがすごいなと^^
http://biteki-coffret2010.269g.net/article/15648411.html
オラぁ、こんな豪華な空豆初めて見ただよw


で、ここからが本題の「弁当箱」なのですがw

クリスマスコフレの情報収集をしていたら
「弁当箱すごくね?」
といった意見を何度か目にして、はて?何のこっちゃ??と思ってましたら…

NARSからBento Boxなるものが限定発売されるのですね。
http://www.narscosmetics.com/bento_box_set.aspx

日本の紅(べに)のような体裁で、リップカラー2色が箱の中に入っていると。
http://www.temptalia.com/nars-bento-box-for-holiday-2010

アメリカのNARSで発売されるとのことで、現時点では日本のNARS公式サイトには何も情報がなく、日本語の情報は美容系ブログさんのみな状態となっておりますが、そちらによると
NARSのメイクアップアーティスト、フランソワ・ナーズ氏が日本の歌舞伎にインスピレーションを受けて作られた商品。
2000セット限定で、うち1000セットはアメリカで販売。
アメリカでは11月1日発売で、お値段は125ドル。

とのことです。

私、和小物が割と好きなので、確かにすごいというか、心惹かれますわ~。
(色展開は別としてw)
これ、日本では…どうなのでしょうかね~。
個人的にNARSは場違い感があって、5年前に勇気を振り絞ってチークを買ったきりですけど、もし日本で発売されるとしたら現物を見てみたいです。

しかし。
日本と海外の感覚の違いって、面白いものですね^^
商品そのものはとても素敵だと思いますが、こちらの化粧箱を「Bento Box(弁当箱)」と称するのも、紅皿を「カブキカップ」と称するのも
認めぬわ!
と、声を大にして言いたいw
逆のパターンも多々あるでしょうけれどね。

まぁ、「弁当」という言葉は海外で意外と知られている日本語なのねということで♪
2010/10/18(Mon) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
池上本門寺のお会式
私の通っていた幼稚園は、日蓮宗のお寺さんが運営しておりまして。
その関係で、毎年この時期になるとお会式(日蓮上人の命日)が幼稚園の行事に組み込まれていました。
大人になってからも、この幼稚園のお寺さんのお会式には足を運んでいたのですが、いつか本家本元である池上本門寺のお会式に行ってみたいなとずっと思っていました。

で、時間が空いたので昨日行ってきちゃいました♪
最寄り駅である池上(東急池上線)駅前の通りから本門寺にかけて、万灯行列がひっきりなしに通過します。


境内も非常に賑わってました。


そういえば幼稚園の頃、万灯に飾る花を作ったっけな~。
幾重にも重ねたちり紙をギザギザに折って中央を輪ゴムで止めて、一枚一枚ふわっと立てると万灯花のできあがり♪


…と、ここで不覚にもデジカメの電池が切れてしまったので、写真はあまり撮れませんでしたorz
でも本門寺さんの方で動画をUPされておりましたので、ワタクシめの下手な写真よりかはこちらの方が雰囲気を楽しめると思います。


私は日蓮宗の教義に詳しくはないのですが、お会式は命日なのにやたら明るい雰囲気である点が好きだったりします^^
お祭りの屋台の数も、お正月の川崎大師の比ではありませんでしたし。
(たこ焼き美味しかったですわ!w)

まぁ、私はただの平凡な人間なので、死後も命日がここまでクローズアップされるこたーないですが、もし私の死後も覚えてくれる人がいたとしたら、命日にしめっぽくというよりは、楽しい思い出とともに笑って過ごしてもらった方が嬉しいかな。
もし
「貴様との間に楽しき思い出など一片たりとも無いわ!」
だったなら
「そりゃ~すまんのぅw」
ってな感じですけれどねww
2010/10/13(Wed) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青いワタクシ、ベージュリップを求める。
これまで使用していた、クリニーク:バターシャイン リップスティックの403(ディラブリー)が、残すところあと1mmとなってしまったので、しっくり来る色を求めているところです。

しかし。
ブルベにとってベージュは必ずしも得意な色ではないのが難儀なところですね^^;
黄み寄りベージュリップをつけた日にゃ、死兆星が肉眼でクリアに見えそうな顔色になりますし。
逆に、冷たいプールに入った唇みたいな色がなじむったらありゃしないw

例えば、シュウウエムラのラインナップですと…
http://www.shu-uemura.co.jp/product/makeup/lipstic.html
パッと見で、この中で合いそうなベージュはBG940Mぐらいですかね~。
新色のBG944と、BG935はイケるかも?

ちなみに、クリニークのディラブリーはちょっと赤みのある濃いベージュなためか、顔色が悪くなることはありませんが、打率は同じバターシャインの438(ベイビーベイビー)には及ばずですね。


で、先日ドラッグストアをウロウロしていたら、ちふれの615(ベージュ系パール)にすごくそそられて、つい衝動買いしてしまいまして^^;
http://www.chifure.co.jp/search_html/1Fn410_iro.html
(649の方が615の実物に近いです)

本当に合わないベージュに比べれば割と馴染む点は良いのですが、これだけだと非常に地味な雰囲気にorz
ただ、決して大ハズレではないので、唇の赤み消しコンシーラーの要領で、重ね付けで使う分には良さげかな?


他には、インテグレート:グラマラスルージュのRD721が私の中で大ヒットでした。
これがきっかけで、国内メーカーの口紅はレッド系統に注目するようになったほどに^^

単に「落ち着いた、肌馴染みのいい色」であって「ベージュ」であるかどうかは判断が分かれそうですが^^;
でも、ベージュを求めて行き着く先は、こういう色かも知れないですね。私の場合。
外資メーカーだと、くすんだローズとか、ココアブラウンとか。


それにしても。
ファッション雑誌でカッコいいモデルさんがつけていたり、「デキるOLカラー」「同性受けUP」と紹介される色に限って打率が低く
「これ合うかも!」
と思った色は「可愛さを演出」「モテ色」みたいな紹介のされ方をされがちなのは、何だかんだで悔しいですね^^;

ここはね。
びっくりマークを多用しつつ主張したいですわ。
なによ!!!
”モテ”なんて求めちゃいないのよ!!!
こちとら打率重視なのよ!!!!!!!!
ふざけんじゃないわよ!!!!!!!!!

ってねw
2010/10/09(Sat) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青いワタクシ。
似合う色を追求するツールにパーソナルカラー診断というものがありますが。
私はまだ、プロのカラーアナリストさんに診断していただいてはいないものの(いっぺん診断してもらいたい!)
暖色の原色やオレンジ系統の色(紅葉とか柿とか)を着ると、変にのぼせ上がった顔色になる。
黄土色や黄みよりベージュの口紅をつけると顔色が悪く見える。
(ただし、オレンジ色の口紅は必ずしもハズレではない)

という特徴から、ブルベは確実であろうという感じです。

ちなみに、web上の簡易診断にある、四季の4分類だと夏が最有力。
(でも、持ってる服は冬カラーが多いw)
http://www.geocities.jp/net_t3/color/personal.html
スプリングとオータムがイエベ、サマーとウィンターがブルベ

更に細分化した8分類というものもありますけれど、こちらだとソフトエレガント…なのかなぁ?
http://www.i-alice.jp/test3.html
春:キュートフレッシュ、トロピカルヘルシー
夏:ソフトエレガント、ピュアロマンチック
秋:ナチュラルシック、スパイシーリッチ
冬:クールシャープ、ラグジュアリーモダン

ちなみに、パーソナルカラーとは診断方法は異なりますが、カバーマークの診断では「実習生」のプレートをつけたお姉さまに
「お客様は典型的なブルーベースですね^^」
と言われ、以来ファンデーションはこちらのBP20を愛用しとります。
http://www.covermark.co.jp/cgi-bin/products/products_details.cgi?prd=100020


カラー診断も様々な流派があり、発展途上な部分もあるので、100%診断結果どおりの色を選ぶ必要もないかな?と思いますが、私の場合は雑誌等の影響で長いこと
ピンク=媚び
紫=敷居が高い
という先入観があり、特に服選びの際には鬼門扱いしていたので、パーソナルカラーの存在を知ったことは
「本当に自分に合う色はどんな色なのか?」
をじっくり考えるいい機会になりました。

他所の影響にとらわれず、打率の高い色を積極的に取り入れる一方で、打率の低い色をどんな風に取り入れるかというのも、いわゆるひとつの醍醐味…でしょうかね。
ちょうど今、ベージュ系の口紅を探しているのですが、その話はこの次に^^
2010/10/09(Sat) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フルールシェリー
ロクシタンからDMが届きました。
メインは10月7日に発売される、イモーテル ディヴァインというシリーズの新製品のご案内なのですが、こちらは正直
「たけぇ!!」
で終了という感じでございまして^^;

そんな、結構値の張る基礎化粧品のご案内の中に1枚、香りものの新製品のチラシが入っておりました。

10月28日発売で、商品見本は7日から店頭に並ぶようですね。

実際に香りを試してみないとハッキリしたことは分かりませんが、ネロリということは…
ロクシタンの店頭でただよう香りにより近い感じでしょうか。
あるいは、外人のお姉さんとすれ違ったとき、たまに漂ってくる化粧品系の香り?


しかし、ネロリ=オレンジブロッサムだと思ってましたけど、微妙に違うのでしょうかね?

でもって、チラシの裏ですw


日本ではグロスとパウダーファンデーション以外にメイクものを販売していなかったロクシタンが、ついに…。
厳密には5~6年前に濃い色のリップを販売していた気はしますけど、限定とはいえ本格的にメイクものを販売するのは初めてですよね。多分。

なので、ロクシタンのメイクものってどうよ?
という意味で気になっているのですが、色がなぁ~


こちらはiVOCEの記事です
http://i-voce.weblogs.jp/newsflash/2010/09/post-b185.html

致命的に合わない、とまでは行かなくとも、いわゆる「ブルベ」な私にしっくり来るかどうか??
個人的にはイエベの方のほうが使いこなせそうかなと思ったりして。

※ブルベ(ブルーベース):青みを含んだ色(寒色系)やシルバーが映える人々。
イエベ(イエローベース):ブルベとは逆に、黄みを含んだ色(暖色系)やゴールドが映える人々。
かなり大雑把に言うとこんな感じです。



おっと。
iVOCEの記事を見ていたらスノウローズなるものも気になってまいりました。
11月~12月にかけては、化粧品関係の散財に気をつけねば…
2010/10/01(Fri) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。