スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
鬼龍院花子の生涯
鬼龍院花子の生涯 [DVD]鬼龍院花子の生涯 [DVD]
(2010/11/01)
仲代達矢、夏目雅子 他

商品詳細を見る


故・夏目雅子さんの「なめたらいかんぜよ!」という台詞が有名な、この作品。
私は映画館ではなく、TVの○曜ロードショー(or○曜映画劇場)で少し見たものの
1.主人公は夏目さんだけど、夏目さんは鬼龍院花子ではない。
2.主人公は少女時代に、その筋の方とお近付きになった。
3.主人公の彼氏(?)は、どうやらその筋の方を怒らせてしまい、指を詰めてしまった。

以上3点しか覚えておらず、先日TSUTAYAに立ち寄った際、ふと、どういう経緯で「なめたらいかんぜよ」なのかが気になってしまって^^;
つい、DVDを借りてしまいました。

上記1については、物語が終始、花子ではなく松恵という女性の視点で進行するので、夏目さん演じる松恵が主人公扱いになっている。
2は、その松恵が家庭の事情により、鬼龍院政五郎(鬼政)なる侠客の養女となり、後に誕生した鬼政の実子・花子の一生や、鬼龍院家の盛衰を見届けることとなる。
3は、鬼政が花子の婿にと望んだ男性が、実は松恵を好いていたことが判明。鬼政激怒の末…
とまぁ、順当に記憶の穴が埋まっていき、いよいよ有名な「なめたらいかんぜよ」のシーンに。

この作品、やたらと その筋の方々が多く登場していた記憶があったので、てっきり敵対組織の人に対して啖呵を切ったものと勘違いしてましたが、実は一般人(前述の、指を詰めた男性の父親)相手だったのですね^^;
しかも、有名なシーンではあるけれど、本当の見どころは、このシーンの5分くらい後。

そして。
この作品を見たほとんどの方が感じるであろう
花子って、タイトルロールの割に影薄くね?
という疑問が湧いてきてしまい^^;
つい、書店で原作を衝動買いしてしまいましたw


鬼龍院花子の生涯 (文春文庫)鬼龍院花子の生涯 (文春文庫)
(2011/03/10)
宮尾 登美子

商品詳細を見る


映画よりちょっとは登場シーンが多いけれど、原作の方も実質的な主人公は花子ではなく鬼政ですね。
ただ、映画と原作を比較すると、女性たち…特に松恵を取り巻く環境にはマイルドなアレンジが施されているなと。
その点が一番印象的でした。

鬼政という人物は、部下から見ると統率力があって情に厚い親分かも知れませんが、女性はモノ扱いして憚らず、ゆえに彼と関わりの深い女性ほど苦難を強いられるわけですが、とりわけ松恵は鬼政隆盛期において苛酷な生活を余儀なくされます。
原作では誰からも省みられず、それでいて外出時には監視がついているような、堪えがたい孤独な日々。
しかし映画では鬼龍院家の中にも味方になってくれる人がいて、鬼政の子分たちとの関係も良好。
原作を読んでしまうと、映画の鬼龍院家は その筋なのがネックだけど、居心地はそう悪くないんじゃね?と思えてしまいます^^;

また、「なめたらいかんぜよ」という台詞が原作には存在しないことも、少なからず驚かされました。
というか、原作の松恵はこういった台詞を発するような性分ではありませんし^^;

恐らく、原作に忠実な展開にすると本当に重苦しい話になってしまい、仁侠映画で実績のある東映としては、見やすくアレンジせざるを得なかったのでしょうか。
で、当時、三蔵法師やキリシタンの娘やお市の方といった、高貴で清らかな役の多かった夏目さんに啖呵を切らせたら、見る者に強烈なインパクトを与えてしまったのかなと。

そういえば西遊記も鬼龍院花子も、TVドラマで何度かリメイクされましたが、三蔵法師役は必ず女優さんが担当され、松恵は必ず啖呵を切る(原作にないシーンであり、演出次第では省いても問題なさそうなのに)。
…と考えると、夏目さんが日本のドラマに与えた影響力は計り知れないとつくづく思います。


そして、肝心要のタイトルロールですが…
鬼政に溺愛されで育ったので、我儘で自立心の欠片もない娘になり、それが彼女に不幸な人生しか歩めない結果になったのは映画も原作も共通しているものの、映画が鬼政の死後数年で生涯を終えたのに対し、原作の方は鬼政が亡くなり、鬼龍院家が事実上消滅した後もなお生き続けた分、転落ぶりがハンパないですね。
松恵視点で書かれているためか、花子の言動が容赦なくこき下ろされていますし。

あ、ちなみに、映画のレビューで花子役について「何でこんな女優を使ったのか」的な意見を目にしましたが、恐らくは原作に書かれている花子の容姿に忠実な方をキャスティングしたのだと思います。
それが、どんなに苛酷な状況でも自立心を持ち続けた女(松恵)と、ぬるま湯につかり過ぎて自立という発想すらない女(花子)の、残酷なまでの対比になってしまってますが。

ともかく、その育ちゆえに誕生~少女期と打って変わって花子の後半生は目も当てられぬ有様となり、しかしそれは全て花子のせいとは言いがたいため、ひたすら気の毒ではあります。
鬼政の女性観は、彼と関わりの深い女性たちに苦悩を強いることとなり、松恵の人生にも深刻な影を落としましたが、映画・原作ともに言えるのは、花子こそが鬼政の最大の被害者ではないかと。


この作品、ストーリーに忠実なタイトルをつけるとしたら
鬼龍院政五郎の生涯および鬼政栄枯盛衰
あたりが適切かも知れません。

しかし、鬼政ゆえに羽振りのいい青春を過ごし、また鬼政ゆえに底なしに転落していった花子の人生を考えると、彼女の存在は父親の栄枯盛衰を象徴していると思えてなりません。
象徴している「だけ」の存在である点が、悲しいところですけれど…。
スポンサーサイト
2011/08/28(Sun) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
五山送り火の件で思うこと
京都・五山の送り火に岩手県陸前高田市の薪を使おうという計画が二転三転し、結局、薪から放射性セシウムが検出されてしまったことで使用中止となりました。

京都市長「断腸の思い」=送り火問題、混乱に謝罪
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011081200899

この件は、はじめ「検査の結果、放射性物質は未検出」と報道されたからか、放射性物質を懸念して市に苦情を入れた一部の京都市民が猛烈なバッシングを受けることとなりました。
個人的には、報道のされ方が、川崎市が震災瓦礫の受け入れ表明をしたときと妙に似ていると思い、どうしてもTVや一部ネットニュースの内容を額面どおりに受け止められなかったのですが…


陸前高田市の松を薪にして、五山送り火に使うことを発案した方のサイトがこちら
今回の問題のまとめwikiがこちら

上記2つのサイトを見比べると、そもそもの原因は、企画者側(発案者、元福井市議)が強引にことをすすめ、そこにマスコミがからんだことで、結果、京都、陸前高田、双方の市民を深く傷つけることとなってしまったのではないかと。
確かこの話が表面化したのは、京都市でも災害瓦礫の受け入れ表明を行なった矢先で、しかも突然出てきた話でしたから、「そんなん聞いてなかったけど、大丈夫なの?」という意見があっても無理はないと思いますし。

それに、私も初めて知りましたが、五山の送り火で使用する木って入念に準備をととのえて作られるのですね。
春に木を切り出して、1年以上乾燥させて…
しかし発案者の動きを見ると、そういった手順があることを考慮していたようには思えず、送り火保存会の立場からすると相当に戸惑われたのではないでしょうか。
震災の被災地ゆかりのものを断るのも、心情的に心苦しかったでしょうし。


被災された方々のために何かしようという気持ち自体は、とても素晴らしいと思います。
ですが、放射性物質の問題や、その場所で決められた手順を考慮せず、「被災者のため」という美名の下に企画をゴリ押ししてしまうのは、違うのではないでしょうか。

そんなわけで私は、謝罪すべきは京都市長だけではないだろうと、少なからず憤りを感じている次第です。
2011/08/13(Sat) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
事故とフジテレビと私。
あの日航機墜落事故から、今日で26年。
(※書いている途中で昨日になってしまいました)
つい最近のようでいて、もう四半世紀以上が経過しているのですね。

当時私は、何気なくTVで実写版一休さんを見ていました。
しばらくするとニュース速報で
日航ジャンボ機がレーダーから消えた
とのテロップが表示され
もうしばらくすると、再びニュース速報で
墜落した模様
との表示。

最初は「レーダーから消えた」の意味が分からなかった私も、時間を追うことに追加される報道内容に戦々恐々としました。
そして、この日の夜以降、数日間はどのTV局も日航機墜落事故のニュース一色でした。

当時、私は中学生でしたけど
生存者の存在に心から喜んだり(生存者の1人が同世代だったこともあって)
坂本九さんに関しては
「人はあっけなくこの世からいなくなってしまう」
ということを深く考えさせられたり
中学生なりに、生命について思いを馳せる出来事となりました。


で、ここからは、ふと思ったどうでもいい話なのですが。

私って、大きな事故・災害のときには高確率でフジテレビを見ているなと^^;
日航機事故の際に見ていた「実写版一休さん」もフジテレビ。
阪神大震災は、朝の6時ぐらいにTVのスイッチを入れたら偶然、フジテレビ。
確か地下鉄サリン事件も、第一報を知ったのはフジテレビ。

そして東日本大震災のときも、しばらく携帯で状況確認していて、ふと、TVをつけたら、ヘルメットを装着した安藤優子さんのお姿が…

これといってフジテレビが好きというわけでもないんですがね~
昔から、どことなく軽薄な番組が多かったですし。
ただ、日航機事故当時と現在とでは、軽薄さの質が違うと感じるのは、果たして懐古脳の成せる業でしょうか。


まぁ、なんだ。
ここ数年の動き、そして東日本大震災の報道内容、その他もろもろを考えると、フジテレビとの奇妙なご縁はいい加減切ってしまいたいと切に願うばかりです。はい^^;
2011/08/13(Sat) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
長崎原爆投下の日。
66年前の今日、広島に次いで長崎の地に原爆が投下されました。

当時広島市内にいた人も、長崎市内にいた人も、自らの意志と関係なく、瞬く間に命を落とし
また、即死を免れた人たちも、心身に耐えがたい苦痛を被ったことでしょう。

そして個人的には、被爆者が何の落ち度も無いにも関わらず差別を受けたことを考えざるを得ません。
何故なら、66年後の今、原発事故が起こってしまい、周辺地域で発生した災害瓦礫受け入れ表明に対して私は反対メールを送り、そのことを「差別」と受け止められてしまったから。

原爆投下と原発事故は性質が異なるものであり、私自身、受け入れ反対の姿勢は今も変わりません。
ですが…
頭では分かっていても、「どうしてこうなったかな?」感が拭っても拭いきれないというか…

まぁ、思うことは多いのですが、原爆にしろ、原発にしろ、つくづく感じるのはやはり原子力は人を不幸にするということですね。
今後、科学が目覚ましい発展をとげても、この点に関してだけは生涯、考えを変えることは無いと思います。


私は前回
原爆の被爆者の苦しみは決して無駄にしたくありません
と書きました。
この現状で私にとっての「苦しみを決して無駄にしない」とは、これ以上被害を拡大しないことに他ならず、非常に微力ではあるけれど、次世代への負担を少しでも軽減できるよう、見守っていきたいです。
2011/08/09(Tue) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
広島原爆投下の日。
66年前の今日、広島市に原爆が投下されました。

多くの人に多大な苦しみを強いたこの出来事を、決して風化させてはならないのは被爆国として当然のことと思いますが、今年は福島第一原発の事故もあり、放射能の脅威について、一層考えさせられる年となりました。

私は中途半端に身軽な身なので(夫婦二人暮し、それほど若くは無い)、放射性物質に関しては気にしすぎない生活を心がけていますが、66年前に多くの人が苦しんだ事実がある以上、放射能の毒性や、原子力が人間を不幸にしてきた歴史からは目をそらせてはならないと思います。

気にしすぎず、かといって、決して甘く見ない。
ですね。
私のスタンスとしては。


ただ、原発事故後からネットで色々調べものをしていて気になったのですが、原爆投下に関心を持ち、放射能がもたらした不幸の歴史を真剣に考えている人が、今、どのくらいいるのでしょう。

4月に川崎市が震災で発生した瓦礫の受け入れ表明をした際には、ネット上のあちこちで賛成派と反対派が論争を繰り広げていましたが、賛成派の意見の中に
「広島・長崎の人だってあれだけの放射能を浴びたのに、生まれた子供には何の影響もなかったのだから、災害の瓦礫ぐらいで影響はないでしょう」
というものがあったり
(即座に小頭症の説明レスがつきました)

長門裕之さん訃報の際、過去の出演作品の話題で少し盛り上がってきたところに
「子役のときに出てた、阪妻版の無法松マジオススメ。
他の出演者に被爆した人もいてタイムリーだしねw」

という書き込みを見かけたり…
(個人的には、これ書いた奴を本気でぶん殴りたい気持ちでした)

上記のような書き込みは、特にネット上の多数意見というわけではありませんけれど、今、学校の授業では原爆投下のことをどれくらい扱っているのかな…?と、一抹の不安を感じてしまいました。
そういった意味でも、原爆投下は語り継がれるべき出来事であり、私たちのように戦争を知らない世代にとっては、当時の人たちの痛みを考える貴重な機会だなと。


原発事故がらみで、私もあれこれ考えたり、ささやかながら行動を起こしたり、少なからずショックを受けたり、色々ありました。
今後、政府の出方もどうなるやら…という感じですが、ただ、国民が放射能の脅威に晒された経験という繋がりにおいて、原爆の被爆者の苦しみは決して無駄にしたくありませんし、して欲しくありません。
2011/08/06(Sat) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。