スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
サンレッド13巻。
今回の表紙は、4000年生きてて2歳違いのバカ兄弟withウサコッツですw


そういえば、カーメンマンもアントキラーも、コミックスの表紙に登場するのは2回目です ねっ☆
ウサは3回目ですが^^


と、いうことで、感想を簡単に。

・今回は蛾(蝶)強化巻なのでしょうか。
いつもよりモスキー君が活躍している…というか、水道管アゲハ君に再びお目にかかれるとはw

・ナイトール君は、サンレッドの世界ならばヒーローより悪の組織の方が向いていると改めて思いました。
あと、彼なら小豆色ジャージも着こなせるかも!

・そういえば学生時代にいたっけなぁ…
フィリピンパブのジャスミンみたいな娘w

・今回は、かねがね噂を耳にしていたウサコッツの過去のお話が。(※私はコミックス派なのです)
顔の半分が鉄板な姿を見慣れているせいか、デビルウサは何となくのっぺりしたような印象が…
どっちも可愛いのは変わりませんけど ねっ☆
あと、デビルネコ君は、もうちょっと改造してもらえたら良かったのに ねっ☆

・今回もレッドさんは、何だかんだで優しいですね。
連載初期のレッドさんがあの武器を手にしたらと思うと…ヒィ~

・モスキー君とアントキラーって、同期だったのですね。
アントキラーは何かと嫌なところが目に付くキャラだけど(最近人間味が出てきましたが)、さりげなく同期に慰めてもらう姿は憎めません。
というか、これこそが本来の「同期の桜」ではないかとしみじみ思ったりして。
そのあたりを悪の組織のメンバーで表現するところがサンレッドの味でしょうか^^

・圧力鍋を使おうが使うまいが、ヴァンプ様が作った角煮は美味しいに決まっていると思うの、私!


さて、お次の14巻は既に発売予定日が発表されていて(2012年2月25日)、初回限定でアニマルソルジャーのマスコット付き!
しかも、予約を受けた分だけ生産となると、私にとっちゃ忘れずに予約しろと言われているようなものですねw
そんなわけで14巻も楽しみです^^


ところで、デビルネコ君のヒザってどこにあるんだろ?
ヒザに水がたまってて走れないらしいけれど…
スポンサーサイト
2011/09/28(Wed) | サンレッド話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
川崎市Walker
近所の書店で平積みされていたのを衝動買いですw


何でまた川崎が?と思ったら、先日、市内に藤子・F・不二雄ミュージアムができたのですね。
というか私、今は無き向ヶ丘遊園の跡地にミュージアムを作るらしいです~という話を小耳に挟んでいたのに、これ読むまですっかり忘れてしまっていました。
もうろくしましたかね~orz

藤子・F・不二雄ミュージアム 公式HP
http://fujiko-museum.com/


敷地内にはきれいなジャイアンがいるらしいです^^



ワタクシ的には、カフェメニューがどれもそそられます。
暗記パンのフレンチトーストとか


ジャイアンのカツ丼とか、四次元キッズプレートとか、スネ夫ヘアーのクレープとか、ドリアもんとか…


もうね。
どれもこれも反則だわ!
うぅーーー食べたい~~~

藤子Fさんの世界も子供の頃の思い出にあふれておりますが、向ヶ丘遊園があった当時の川崎市民or小田急沿線住民にとっても、この地は思い出深い場所。
なので、一度はカフェ目当てに足を向けたいです^^

ミュージアムが出来たなら、向ヶ丘遊園駅から遊園地まで走っていたモノレールも復活だと嬉しいんですけれど…さすがにそれはないですかね^^;


ちなみに
ヴァンプ様もちょこっと取り上げられておりました。


そういえば今週末は、サンレッドの最新刊が発売されます ねっ☆
2011/09/21(Wed) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
お茶の祭典2011
1週間以上前の出来事ですがw
今年もルピシアのグランマルシェに行ってまいりました。

ルピシアHP
http://www.lupicia.com/index.html




まぁ去年がちょっと…だったので直前まで迷いましたが、結局行くことに。
でも今年は入場で不快な思いをすることもなく、すんなりと入れました^^
(去年よりも会場が広かったためか、隅っこの空きスペースがやや目立ったものの、個人的には狭い敷地で民族大移動状態だった去年よりは快適でした)

試飲コーナーの盛況ぶりは相変わらずで、一番早く開催される関東会場は、まだ残暑が厳しいにも関わらず試飲できるお茶の大半がホットなのも去年と同じですね。



お茶だけでなく、お茶菓子や軽食のコーナーもありました。



今年の来場者みやげは、ミニ缶とポーチ、そしてお茶菓子。


ポーチの裏には
プチ缶が入るオリジナルポーチです。
どこにでも、お気に入りのお茶が持ち運べます。

と書いてある紙が入っているのですが、そういう習慣無いしな~…
多分、使うとしたら別の用途かもしれませんね。私の場合。


結局、買うお茶は地域限定茶ですね、毎年^^;


毎年買ってる白桃ダージリン(岡山限定)をはじめ
ショコラアメール(銀座ショップ限定) チョコレートとシトラスの香り
ハナレイ(ハワイ限定)ルイボス茶にバナナの香りとココナッツ
熱帯風情(台湾限定) 台湾烏龍茶にパイナップルとマンゴーの香り
越夜越美(台湾限定)

越夜越美は、説明を見ても「台湾烏龍茶にフルーツの香り」とあるのみで、具体的にどういったフルーツなのかは分かりません。
缶の裏にある原材料を見ても半発酵茶、金平糖、サフラワー、香料とだけ…
ちゅーか、越夜越美って何て読むんだろうか?

まぁいいわw
飲んでからのお楽しみで^^


売り場の前を通りかかったら食い気スイッチが入ってしまい、ついドライフルーツを購入してしまいましたw

パイナップルの芯、イチゴ、メロンです。


今年は去年よりはストレスが少なかったのですが、ベビーカーを押している人や、駆け回るお子様が目に付いて、ちょっとハラハラいたしました。
何しろ、会場で配られるお茶はホットが圧倒的に多かったので。

去年は託児スペースがあるとのことで安心して来場したら予想以上の混雑で託児スペースに預けられず、やむなくお子様と一緒に会場入りせざるを得なかった、との話もネット上で目にしましたけれど、今年はどうだったのでしょう?

あと、試飲コーナーにて、私の目の前にいた女の子がお茶を一口飲んで、その紙コップを試飲コーナーのお盆に戻してしまったんですけど^^;
で、その子の母親、至近距離にいたのに全く気付いてないんですけど^^;
こういうとき、どうすべきか迷いますわ。本当に。

お茶のイベントとはいえお菓子も売られているので、会場にお子様がいらっしゃること自体は良いんですけれど、保護者の方はもうちょっと注意して見ていただければ…というのが正直なところですね。
個人的には、関東会場はずっとサンシャイン文化会館に統一が良いかなと思います。
ゆったり見て回れますし、ナンジャタウン等、近くにお子様の興味を引くスポットが多くありますので。


ちなみに
東京と愛媛は終了しましたが、11月までに名古屋、神戸、大分、札幌で開催される模様です^^
http://www.lupicia.com/gm/index.html
2011/09/21(Wed) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
時の流れの速いことです…
っていうかぁ~、光陰矢のごとし?
…と、ケロロ軍曹のアンゴル・モアちゃん風に言ってみたりしてw


真面目な話、気がついたらアメリカの同時多発テロから10年、東日本大震災から半年と、本当に早いものです。

思えば10年前は、ニュース番組を見ていたら突然速報が入り、そのちょっと後に、高層ビルに飛行機が突っ込む映像が目に飛び込んできました。
国際情勢に疎かった私には、その映像を見て何が起こっているのか、すぐには把握できませんでしたが、
あの飛行機を操縦してる奴、頭がおかしいでしょ?クスリをキメてる?
というのは強く思いました。
それほどに、あの映像は狂気じみたものがありましたね。

東日本大震災についてはもう少し後に書こうと思いますが…
テロも震災も、多くの人命が犠牲になってしまったこと、国の転機になるレベルの大災害となったことが共通しているかと思うのですが、この2つの出来事があと何十年か先にどんな影響をもたらしているか、というのは少し気になるところです。

アメリカさんの国力はどんな具合だろうか?とか
高確率で起こるとされている大地震(東海、南海、首都圏直下etc)に見舞われたら、東日本大震災の教訓は生かされるだろうか?とか…



あ、時の流れといえば、ここ数日ちょこちょこ写真を撮っていて、デジカメの電池が切れたのを放置してました^^;
とっとと充電&ぼちぼちUPしないと。
2011/09/13(Tue) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「気をつけろ」「今夜、何かが起こる」
今回のタイトルは、とある自称予言者がtwitter(mixiボイス連動)でつぶやいたものです。
「気をつけろ」は一昨日。
「今夜、何かが起こる」は昨日の発言です。

何に気をつけるべきか、「何か」とは何なのか、「今夜」とは日本時間の「今夜」を差しているのか?
…等々、突っ込みどころが多く、いかにもこの手の予言者がやらかしそうな、初歩的なこけ脅しだね~という感じですけれども。

でも、こんな奴(失礼)にも信奉者がいて、重度の人は
「気をつけろ」の段階で「やっぱり巨大地震がくるんですかね!?」
「今夜~」に対しては「北海道震度5強きました!!」
言葉は悪いですけど、その脅え方は傍から見ていると、まるでお化け屋敷を怖がりつつワクワクしている小娘のようで何だかなー^^; と思ったりして。

ただ、その重度の人のプロフィール等をチェックしてみると、今回の震災で軽度の被災をなさっていて、余震や原発事故の影響にかなり神経をすり減らしていらっしゃるご様子。
しかも、前述の自称予言者だけでなく、震災後にオカルトの分野で名が知れた地震予知の女性なども信奉しているようで、科学的根拠や予言の精度よりも、発信される情報がネガティブであるかどうかを重要視していて、ちょっと何とも言えない気持ちになってしまったり(勝手にプロフ覗いておいて何ですけど^^;)

ネガティブな情報を得ることで(or物事を悲観的にとらえることで)安心する心理は、私も身に覚えがあるので分かる部分もあるのですが。
今回の震災では津波以外に原発事故もあり、目に見えない被害が広範囲にわたっていることを考えると、実は重度の信奉者さんのように、安心を得るために敢えてネガティブな情報を探す人って結構いるのだろうか?
なんてことを、ふと考えてしまいますね。分かる部分もあるだけに。

悲観をすることは、覚悟を決めたり備えることにつながると思うので、全部が全部マイナスではないと思いますが、こういうときだからこそ情報の取捨選択が大事であって、発信される情報の意味を考えることは怠りたくないですね。
今回はオカルト崩れのチープな戯言で済みましたけど、言葉巧みに不特定多数を扇動しようと目論むのは、オカルト崩れや思想犯まがいの人間だけとは限りませんので。


あとは、そうですね~…
私が重度の信奉者さんに出来ることは何もありませんけれど、自称予言者の言葉を注意深く読み取れるぐらいに回復されることを、こっそり祈っております。
2011/09/08(Thu) | ネット話 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。