スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2011年度を振り返ってみる。
本当は昨年末に書きたかったのですが、書けなかったので…。

2011年といえば、言わずと知れた東日本大震災、それに伴う原発事故が発生し、日本が大きな国難に見舞われた年でした。
しかし個人的にはもうひとつ、大きな出来事があったのです。


思えば昨年の震災発生時、義母(関西在住)から数度電話で励ましていただき、その後、原発事故の影響で関東沿岸でとれた小魚はそろそろ…という時期に、いかなごのくぎ煮を送ってくださいました。
(ちなみに、西の方も揺れていたことを知ったのは、ミヤネ屋さんではなく義母の電話からでした)

そう。
ちょうど昨年の今頃までは、義母は元気だったのです。

しかし、梅雨が明けたあたりで「入院した」との情報があり、お見舞いに伺ったところ、予想していたよりも良くない状況で、お医者様はハッキリとした表現を避けていらっしゃいましたが、数年前に発症した癌が再発し、既に治療困難であると…。

それからは大体、月に1~2度ほどの頻度で関西に足を運び、
「桜は厳しいかもしれないけど、椿と梅の花はご一緒に眺められれば良いなぁ」
ぐらいの気持ちでいたのですが。
師走に入って病状が急激に悪化し、親族が代わる代わる、頻繁に看病をする状態となり、夫と私も、それこそ週末は関西で過ごしているような感じでした。

最期の日々はどう表現していいか分かりませんが…
私にとっては、もっともっとご一緒に過ごしたい気持ちと、早く苦しみから開放されて欲しい気持ちが交錯した複雑な日々でした。
そして、クリスマスが過ぎ、年明けを目前にして、義母は旅立っていきました。

葬儀の後、義母の読んでいた本や書類等を整理していたら、
再発がわかった時点では治癒を目指すべく、希望を捨てなかったのだろうと。
そして、余命の短いことを悟ると、なるべく遺族に負担をかけない最期を模索していたのだろうと。
そういった心の動きが見えてきて、体は病んでしまっても最期まで心根は強い人だったなぁと改めて感じさせられました。


昼ドラや女性向け漫画にありがちな「嫁姑戦争」のような関係にならなかったのも
生まれも育ちも関東な私が、夫関係の親戚(ほとんど関西人)と波風立てずお付き合いさせていただけたのも
義母の尽力によるところが大きいと思います。
本当に、ありがとうございました。

今は別の世界の人になってしまいましたけれど、時折はバカ嫁を見守っていただければ…と思います。


以下、ほんのちょっと追記です。
スポンサーサイト
2012/03/30(Fri) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブレスレット、完成☆
リリアン編みのビーズアクセサリー(ブティック社)という本に紹介されているトライフルーレという作品なのですが…
ついに完成しました♪


こちらも表紙を見た瞬間、
「作りたい! というか欲しい!!」
と思ったのです^^


た・だ。
ワイヤーと、粒つぶなビーズ(いわゆる丸小・丸大)は近所で入手できたのですが、それ以外の材料がどこへ行っても見当たらず、こうなりゃ意地だとばかりに浅草橋まで足を運んだら、あっさり見つかったという^^;

それはさておき、装着図です。
マジで痩せないとなぁorz
決して豚足にブレスレットを巻き付けているわけではありません。
モデルの質が悪いだけですw


浅草橋に行った際、調子に乗ってビーズ屋さんでキットを2つ買ってしまったのでw
この次はそれらを完成させたいと思います。
2012/03/29(Thu) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
編み病続行中♪
早速レース編みから^^

かぎ針あみレースの基礎(日本ヴォーグ社)で紹介されているパイナップル編みのドイリーです。


本を見ながら
「今どこ編んでたっけーーー!?」
となりつつw
何とか完成しました。

練習がてら、様々なモチーフのドイリーを編んでみるか?
そろそろテーブルクロスあたりにチャレンジしてみるか?
現在あれこれ思案中です。


お次はやさしいビーズステッチ(パッチワーク通信社)という本で紹介されているロマンティカという作品。



一目見て
「作りたい! っていうか、欲しい!」
と、衝動的に作ってしまいました。

装着図。
(モデルの質は申し訳ないですww)


この作品、色のバランスがポイントなのかな?と思ったので、可能な限り本のレシピに忠実な材料を揃えましたが、一部の材料が近所ではどうしても手に入らず、ユザワヤの本店まで足を運んでしまいました^^;
でも、自分のセンスでは思いつかない組み合わせの色で、そこは大いに勉強になりましたね。


今はリリアンの本を見て衝動的に作りたくなった作品を制作中です。
ワイヤーを編んでいます。
(写真は練習中のもの)


編むと、こんな感じに。

本番はビーズを入れて仕上げます。

リリアンは基本的に、糸状のものであればどんな素材で編んでもOKだそうで
(ただし、毛糸のように毛羽立つ素材は向いていないとのこと)
発想次第で作品の幅が広がりそうです^^


あ、そういえば。
私最近、欲しいものは編んで手に入れているような気がいたしますわw
2012/03/26(Mon) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
編み病。
最近、編み系のハンドクラフトにハマっております。

まずはリリアン

左:キット商品を完成させたもの
真ん中:本に記載されていた作品を色違いで完成させたもの
右:本の記載に忠実に作ったつもりがグダグダになったものw

手芸屋さんで編み器を見かけて一目惚れ→キットと本も一緒に衝動買い
そんな感じで今に至っております^^;

何やら、手芸界ではリリアンが流行っているそうですが…って、あれ?
私ときたら周回遅れで流行に乗ったのかね?


いや、ビックサイトでコンテストをやるってことは、まだムーブメントは続いている…のかな?


まぁいいわw
作りたい作品があるので、もうちょっとしたら手芸屋さんに足を向けようかと。
今日はいい天気ですし^^


あと、リリアンの編み器に付属しているレース針に触っていたら、レース編みに挑戦したくなってしまったので
100均で買ったレース糸で練習しとります。


上達したらストールやベスト等作ってみたいですね。
現時点では遥か遠い目標ですがw

それとビーズ熱も再燃しつつあって、既に作品を一つ完成させました。
(近日中にUPします)


この編み病がいつまで続くか分かりませんが、当分の間は手芸屋さん通いが続きそうです。
2012/03/16(Fri) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
東日本大震災から1年。
震災で命を落とされたすべての方に、黙祷を捧げます。

被災され、今も苦しまれている方々に対して、私は非常に無力です。

しかし、いつの日か傷の癒える日が来ることを
笑って過ごせる日のくることを
心からお祈り申し上げます。
2012/03/11(Sun) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早いものです。 2
東日本大震災では、地震と津波だけでなく、原発事故という悲劇をもたらしました。

ネット上では「安全厨」「危険厨」という言葉が定着し、場所によってはお互いを罵り合う始末。
はじめのうちは、いくらなんでも楽観しすぎでは?な見解が目についたものの、昨年夏以降からは悲観が過ぎて暴走気味な向きも目立ってきて、そういった方々の発言を見ると
「説得したいなら言葉と方法を吟味すればいいものを^^;」
と、いつも思ってしまいます。

そして、原発事故がもたらしたものといえば瓦礫問題という非常に厄介なものがありまして。
個人的には今も、被災地の方の受け入れは積極的に行われるべきだけど、瓦礫の広域処理には反対です。
特に、他の地域で「焼いて」処理するという行為に。

よく話題にあがる放射性物質であるセシウムは、調べたら
「煮ても焼いてもなくならず、むしろ焼いたら濃縮されてしまう」
「散らばりやすい」
という性質があるという結果が出たけれど、それを広域で処理してもいいものなのか?
それに対する納得のいく答えが見当たらないのが大きな理由ですね。

あと、感情論を加えるならば、川崎市長が最初に受け入れ表明した際の発言、およびマスメディアによる偏向報道が、賛成意見に耳を傾けられない理由にもなっております。
しかし、その一方で前述の悲観暴走派な方の過激な発言に眉をひそめてしまうのもまた事実であり、それをもって
「受け入れ反対派=極端に騒ぎすぎ」
とする向きも見受けられるのは非常に心外ですね。

ただ、この瓦礫問題ゆえに、自分が被災地の敵になってしまったかのような錯覚に陥ることも…
というか東北地方の沿岸部の方から見れば、私は明らかに「人の痛みを顧みない奴」でしかないと思うので、ここのところはあまり東北地方には触れないでいるのが現状です。
本当にもう、原発事故さえなかったら!


東日本大震災では「絆」という言葉がやけに使われだし、確かに震災がきっかけで絆ができたのだと思います。
しかし、個人的には繋がった絆よりも離れてしまった絆の方に、どうしても目が向いてしまいます。

そして、ネット上に限って言うならば、2011年は「絆」よりも「狂」の年であったなと。
そう思うくらいに狂気に満ちた発言を多く見た年でした。
(現在進行系の人もいますけど)
2012/03/11(Sun) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早いものです。 1
東日本大震災から今日で1年が経ちました。
まずは、あのときの自分自身の行動や身の回りの出来事等を振り返ってみたいと思います。

あの日は自宅(都内)で遅めの昼食をとった後、ぼんやりと買い物のことを考えていました。
揺れはじめは震度2~3程度だったので大して気に留めてませんでしたが、だんだん揺れが大きくなってきて「?」と思ったら、これまで経験した中で一番強く、長い揺れがきたという感じでした。

揺れが収まって
取りあえず割れちゃったコップを片付けるかな。
さっき掃除機かけたばかりなのにorz
…と思っていたら数分おきに余震がきて、しばらくの間は身動きが取れませんでした。
個人的には本震よりも、数分おきにくる余震の方が怖かったです。

ここ数年、震度は3でも揺れ方が妙だなと思ってたら北関東や新潟あたりで震度5弱以上だったことが何度かあったので、最初はそのあたりが大変なことになっているのではと思いました。
で、携帯からニュースをチェックしてみたら
宮城県で震度7
何?東北??
さっきのやつって、そんなに広い範囲ですごいことになってたの!?

取りあえず…と思ってTVを付けてみたら、東北地方の沿岸部に大津波警報が発令されていることを知り、予想を大幅に上回る災害に改めて驚愕しました。

その後は
気合でコップの片付け。
関東在住の親族関係に電話をかけてみても
お客様がおかけになった地域は、現在電話がかかりにくくなっています
だったので、向こうからの連絡を待つことにして、その間PCを立ち上げて本格的に情報収集。
夜までそんな感じで過ごしていました。

夫は帰宅困難になるかと思いきや、幸いにも利用している電車が動いてくれて、午前様状態ではあったものの普通に帰ってまいりました。
深夜に数回、携帯のエリアメールが鳴っても全然気づかず高いびきだったのには辟易しましたが^^;


11日は以上のような感じでしたが、12日以降も周辺で前代未聞な状況が続きました。
中でも流通が混乱していたことでスーパー・コンビニ等の陳列棚がガラ空きだったことが非常に印象深いです。
我が家の場合、食品関係で困ることはありませんでしたが、ラジオと懐中電灯が単2電池を使うもので、しかもちょうどストックを切らしていたため、流通が安定するまでは少し不安を感じました。
これを機にラジオは単3利用のものに買い替えてしまいましたけれど^^;



東北地方の沿岸部は地震と津波の被害に遭われ、その被害が明らかになるにつれ、
被災された方々にこれ以上苦しんで欲しくない。
何か手助けできることはないか。
そう思う気持ちに偽りは無かったつもりです。

しかし、あの原発事故は被災地の要望に応えられない事態まで引き起こすことになろうとは、この時点では思いもよりませんでした。
2012/03/11(Sun) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。