スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
あらやだ!×2
最近の「あらやだ!」な出来事を二つ。

まずひとつめは…
堺雅人&菅野美穂、超ビッグカップル来月結婚!
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130322/ent13032206260000-n1.htm
映画版(綱吉編)の「大奥」カップルがそのままリアルカップルに、というのにも驚きましたが、ドラマ版(家光編)のみ見ていて結局映画の方を見れなかった身としては
「堺さんは家光でなく綱吉をお選びになったのね^^」
というのが率直な感想ですね。

それと、このニュースを見て以来、ドラマ版の春日局のセリフ
「男としての欲望がむくむくと~」
が、頭から離れなくて困りますww

ともあれ
あらやだ!リアルでも惹かれあってたなんて知らなかったわ!
おめでとうございます♪


ふたつめ。
去年満開の桜の写真をここにUPしたの、
4月9日4月11日4月13日
だったのに(実際の撮影日は4月8日、4月10日)今年はもう咲いちゃってるのね。
あらやだ!

というわけで、急遽近所の公園へ。






この日、気象庁発表で「満開」宣言が出たものの、まだつぼみ状態のものもありました。


桜の花は見上げて堪能しがちですけど、よく見ると根元の方に花があったりもするのですね!





■おまけ■
ちょっと戯れてみましたw
スポンサーサイト
2013/03/24(Sun) | 自分語り・日常 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
信長のシェフ
個人的に、毎週は見られなかったけれど何気に楽しみにしていた信長のシェフがついに最終回を迎えました。

原作漫画がまだ連載中で、その進行具合を考えると妥当な終わり方だったと思います。
一目置いているとはいえ、たかだかお抱え料理人の事情にそこまで気を配るって、どんだけ付き合いの良い御館様よ?という感じでもありましたけれどw

漫画が原作で、主人公が過去にタイムスリップして、現代で培ったスキルで難局を乗り越えていく…
と、共通点が多いのでJINの料理人バージョンという表現も決して間違いではないのですが、いざ原作を読むと当時の料理事情や時代の流れ等、見どころが多く、JINとの比較で終わらせるには勿体ない作品で
(ちなみに、私は信長の時代に醤油がなかったことをこの作品で知りました)
ドラマの方は基本的に原作の持ち味を大きく壊してはいなかったと感じましたが、ただ、原作のキャラクターを削って夏さんの活躍を増やした結果、夏さんがウザキャラ化してしまった点は残念でした。
最終回の展開、もし高橋幸治さんの信長(黄金の日日)相手にあんなこと言ってたら命があったかどうか…なんて思いましたもの^^; 

キャスティングに関しては、清々しいほどに原作のイメージとは全然違ってはいたものの、違うなりに魅力的だった方もいて(楓さんとか)ドラマはドラマとして割り切って見る分には意外と違和感が無かったというか…。
それでも主人公役の方だけはどうしても若さが気にかかりましたけれど。
(ジャニーズの方ならTOKIOの松岡さんが一番合っていたと思います)


それと、この作品だと今井宗久が狡猾なスケベオヤジで、信長の軍勢が武器を入手することを快く思わない立場をとる描写がなされていますが、何度かここで取り上げた黄金の日日では全く逆で、むしろ信長に武器を買ってもらうために納屋衆を説得していたのを考えると、同じ時代、同じ事柄を扱っていても主人公の立場や視点によって描写が異なる人物がいるということの面白さも堪能することが出来ました。

もうひとつ。
利休さんが「信長~」でも「黄金~」でも、主人公のサポート的役割を果たすという共通点もなかなか面白いと思いましたね^^


原作の方は確か、現時点で「比叡山ムカつくんですがどうしてくれましょう」的な展開だったと思うので、ドラマの続編を作るにしてもかなり先でしょうけれど、気長に待ちつつ、しばらくは原作の連載を楽しみにしたいと思います。
2013/03/16(Sat) | ネット以外で思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
震災から2年。
震災で亡くなられた方々には謹んで哀悼の意を申し上げます。


この2年間、色々あったようでいて、あっという間だった気がします。
(恐らく来年の今日も同じような感想でいるかもしれません)

現在書ける範囲で自分なりの思いを書きますと…
私自身は被災された方々のニーズには応えられていなかったと思います。
むしろ被災者のニーズとは逆の考えを持っている案件もあります。

これに関しては今だに納得しかねる部分もあるので、100%被災地に協力できませんが
(大変申し訳ないことです)
ただ
・被災地の復興に尽力されている方々の足を引っ張らない。
・もし私の懸念していた事柄が杞憂であったことがハッキリしたら全面協力する。
・そして被災地の苦悩に寄り添わなかった事実からは逃げない

以上のことは心がけていきたいと思います。

それと、私がこういうことを書くのも何ですけど
被災されて、困っていらっしゃるのを分かっていながら懸念材料ゆえに躊躇してしまうような事態は2度と経験したくありません。
2013/03/11(Mon) | ネット以外で思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
らいず。
明日は東日本大震災から2年が経ちます。

当時は、東北の被害に比べれば全然ではありますが、私の活動範囲内でも震災の影響が生じていました。

二子玉川ライズも震災の影響を受けた場所のひとつで、グランドオープンの1週間ほど前に震災が発生してしまったためにプレオープン、オープニングイベントは中止となり、グランドオープンも2日延期となりました。
正直、震災発生から日が浅いという状況で行くのは気が進まなかったのですが、食料品の状況見たさにオープンから数日後、地下を覗きに行きました。

電力状況の都合で営業時間は短縮され、照明も通常より抑えてあったものの、思っていたよりも人が多く、フロア全体が何となくキラキラしていて、食料品が豊富…
当時、震災の影響で1~2週間程度スーパー・コンビニの陳列棚がガラガラだったのですが、実は私の居住地区周辺エリアでは、ライズに来れば食料品と乾電池以外の生活用品はほとんど入手できる状態でした。
ただ、東北の状況が連日報じられる中、商品を買う気になれたかといえば、正直…
きらびやかなフロアに居るだけでも気持ちが鬱々としてしまい、ライズで普通に買い物が出来るようになったのはGW前あたりだったでしょうか。

しかし、ライズが2011年3月中旬にオープンすることは数年前から決定していたことであり、流通や電力供給が不安定であっても2日以上のオープン延期は厳しいものがあったかと思われます。
そういった意味ではライズも震災の被害を受けており、内部ではライズの運営に関わる方々があれこれ奔走されていたであろうことは想像に難くありません。


現在のライズ。



ライズのオープン当初はクローズ状態だったH&Mも、今は普通に営業しております。




普段は普通に、雑貨やら食料品やらを覗いたりしていますが、恐らくこの先も、この時期になると当時のことをふと思い出すかも知れませんね。
2013/03/10(Sun) | ネット以外で思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。