スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ミゾノグチ…だと!?
天体戦士サンレッドの舞台になっている、川崎市の”みぞのくち”。
この街の漢字表記は
溝口(住所表記)
溝ノ口(JRの駅名表記。かつては東急もこの表記だった)
溝の口(東急の駅名表記)

の3通りあり、ちょっとややこしかったりします。

私の場合は東急を利用することが多いためか、ネットで”みぞのくち”を話題にするときは”溝の口”と表記することが殆どです。
”溝の口”に慣れているというだけで、他には特にこだわりはなく、基本的には
「どう表記しようが”みぞのくち”だと分かればいいや~」
なんですけどね^^

ただ。
言葉として、口に出すときは、あくまで
みぞのくち
であり、
みぞのぐち
と濁るのは認めない。というこだわりはあります。


前置きが長くなってしまいましたが^^;

先日、ちょいと溝の口の交番に立ち寄りまして。
(※トラブルじゃないです^^)
おまわりさんの対応そのものは、悪くはなかったのですが…
本部に連絡する際
「え~、場所は~…川崎市高津区ミゾノグチ~…」
と、思いっきり濁ってくれたのです^^;
しかも、会話中何度も「ミゾノグチ」と…

溝の口というか、川崎市に明るくない方が「ミゾノグチ」と濁ってしまうのは仕方ないです。
(ただし、その場にいたら高確率で「”みぞのくち”ですよん♪」と、訂正入れちゃうと思います)
しかし、溝の口を管轄する、高津警察署のおまわりさんが濁っちゃうのは~~~

そのおまわりさんも、高津署配属になって日が浅いとは思うのですけどね^^;

まぁ結局、奥歯にモノが挟まったような、ムズムズした感覚を抑えつつ、交番を後にしましたが。
濁らず「みぞのくち」と言うようになったとき、彼は真の”地域のおまわりさん”になるのかな~
なんて大げさなことを思ったりして。


まぁ、オチとしましては
茨城県民さんの中に
「”イバラギ”じゃなくて”イバラキ”!」
と、こだわる方がいらっしゃいますが、そのお気持ちがすんごくよく分かりますとw
スポンサーサイト
2009/11/07(Sat) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nasuyolumi.blog43.fc2.com/tb.php/153-b5548ffa
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。