スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
成田屋のエビちゃん。
そういえば、市川海老蔵氏が記者会見を開いてましたっけ。

個人的にはこの事件そのものというよりは、TV番組のコメンテーターの発言の方が色々興味深かったりして。

某番組の司会者(この方はお酒の席で海老蔵氏と同席経験があるとのこと)は
「あの人はね。人を怒らせる天才!」
と、ズバッと言っちゃったりw

またある番組のゲストコメンテーターは
「芸の世界は、人間性はアレでも、芸の完成度が高ければ良いんですよ」
旨の発言をしていたけれど、私がネットで調べた限りでは、今の海老蔵氏ってそういう次元で語るべき役者さんなの?
みたいな^^;


それと、長谷川町子さんの著書・サザエさんうちあけ話(昔NHKで放送された、マー姉ちゃんの原作)において
終戦後、やっと「忠臣蔵」が解禁になり、帝劇で、通しを見ましたが
おもしろいの何の、
それが、カブキのやみつきです

とあり、中でも先々代の海老蔵(=先代の團十郎)がお気に入りだったそうで、長谷川さんご自身は引っ込み思案で外部との交流もあまりなかったものの、海老蔵さんの取材に限っては積極的に足を運んだとのこと。

そんな長谷川さんが今、ご存命だったら、当代の海老蔵を見てどう思われるでしょうね。
「アンタのじーさまは立派だったのに!」
とか?w


しかし、今年は伝統芸というか、歴史の長いジャンルのほころびが目に付いた年でしたが
謝罪会見を開く分、まだ歌舞伎は立て直すエネルギーが残っているのかな?と、つい思ってしまいます。

普通はファンに心配をかけるような事態になったら、公式にお詫びをするものでしょう。
この場合、”あなたの普通は客観的に見て普通か?”という理屈は通じないと思いますし。
当たり前のことをきちんとするって、とても大切ですわ。本当に。
スポンサーサイト
2010/12/08(Wed) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nasuyolumi.blog43.fc2.com/tb.php/264-eca03782
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。