スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
大河ミュージック 1
先日の降雪の折、することもなく何気~に過去の大河ドラマのテーマ曲を聴いていたら、子供の頃に放送されていたらしい花神黄金の日日のテーマにグッときてしまいまして^^
調べたら黄金の日日はDVD化されているとのことだったので、雪の中気合いでTSUTAYAに行って全巻借りてしまいました。

こちらの動画コメントの
これ、むちゃくちゃ面白いので、ツタヤで借りてみてね!!
に偽りなし!という感じで、バレンタインもどこ吹く風状態で、見入ってしまいました。


大河ドラマで戦国時代が舞台というと、大抵は武将かその身内が主人公ですが(まさに今放映されている江さんもそうですね)、黄金の日日は堺の商人の視点で物語が進行するので、それがとても新鮮だったのと、当時(70年代後半)第一線で活躍されていた俳優さんたちの存在感に惹きつけられました。

夏目雅子さんの、限りなく完璧に近いお美しさ然り。
気のいい足軽から腹黒関白までを見事に演じ分けられた緒形拳さん然り。
年を重ねた男性にしか出せない色気を醸し出す鶴田浩二さん然り。
今となっては目を引く豪華脇役陣の多くが鬼籍入りされているのが残念ですが、在りし日のご活躍を窺う意味でも、とても貴重な作品だと思います。

他には…
・事前に善住坊(主人公の友人)の最期のシーンはトラウマものと聞いてましたが、確かにこりゃキツイわ
^^;
・今井宗久は、主人公の上司(?)としては懐の深い人物なれど、息子と養女の父親としてはデリカシーに欠ける気がするの、私。
・しかし、いわゆる恋バナが何度か出てくる割に、そのことごとくが結ばれないって凄いかも^^;
・主人公の恋バナも例外ではなかったけど、それに絡む今井家の最後は、なぜかホッとしました。
という感じでしょうか。


今回はテーマ曲がきっかけで見入ってしまいましたが、考えてみると大河ドラマのテーマ曲って、何気に記憶に残りやすい名曲が揃っているなぁと。
作品自体は見ていなくても、テーマ曲だけ聴いて「あ、これいいかも」みたいな^^
最近、歴代大河テーマ曲を全曲網羅したCDが発売されたそうなので、チェックしてみようかな♪
スポンサーサイト
2011/02/17(Thu) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nasuyolumi.blog43.fc2.com/tb.php/278-8972d24c
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。