スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
お祭りに行ってきました。
まぁ、お祭りのなかでも奇祭に相当するものですw
毎年4月の第1日曜日に神奈川県川崎市の金山神社という所で行われるお祭りであり、あまりの奇祭っぷりにブログで話題にするべきか迷いました^^;

どんな具合に奇祭なのかは
wikipedia:金山神社(川崎市)
をご参照いただければ一発でお分かりいただけると思います。


このお祭りに足を運んだのは初めてだったのですが…
地震の影響でお神輿行列などの華々しいイベントは中止だったものの、関連グッズの販売はされており、売り上げの一部は東日本大震災の義援金として寄付されるとのことでした。

関連グッズのひとつ、飴と飴細工屋さん。


社殿にいらした巫女さんと天狗様。


※他の写真は後日、mixiの方でマイミクさん限定でUPいたします。
本当に露骨なので、お手数ですが下ネタ系が苦手な方は全力で無視していただければと思います。

前述の通り、このお祭りは初めてだったので例年の比較はできませんが、自粛ムードであってもそれなりの賑わいがあり、原発問題が深刻であるにも関わらず外国人が多くいらしていたことに驚きを禁じ得ませんでした。
(ただ、西洋系の方が圧倒的に多く、東洋系はあまり見かけませんでした)
異国で大地震があって、しかもそれに伴って原発の状況が一進一退な状況であるならば、早急に帰国してしまってもおかしくないと思うのです。
それにも関わらず神社に足を運び、心からお祭りを楽しんでいる様子は、正直感動いたしました。

奇祭に行った割に帰り道で気持ちが晴れ晴れとしていたのは、もしかしたら彼らの姿に元気をもらったからかも!
…なんて思ったりして^^


取りようによっちゃ、奇祭が開催されることも、会場に行くことも不謹慎とする向きもあるかも知れません。
しかし、ネット上で錯綜する情報をチェックしつつ、自分にできることは何かを考えてみるに、一番重要なのはやはり、落ち着いて、できるだけ正常な判断力を保つことではないかと。
ただでさえ国民として熟慮せねばならない事態が重なっている中、何もかもを自粛してしまったら精神的に疲弊する一方ではないでしょうか。

要するに、このご時世で落ち着いた状態を保つには、電力消費に気を配った上で適度に息抜きをする場を設けることが肝要ではないかと思うのです。

なので、お神輿は仕方ないけれど、お祭り自体が中止にならなかったのは本当に良かったと思いましたし、会場にいらした外国人の笑顔には救われる思いでした。

来年行くかは分かりませんが~…
お神輿が川崎大師の参道を通過する様子は、ちょっと見てみたいかもw
スポンサーサイト
2011/04/05(Tue) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

奇祭…と言いつつも、日本には割りと、
この手の奇祭は、あるんですよね(笑)
日頃は、慎ましさや恥を知り、
オーバー表現を、敬遠しがちな割りに、
ひとたび祭りや“ハレ”の日になると、
裏返ったように、おおらかになるところが、
日本文化の、面白さと思います♪(^m^*

そう思うと、
日頃がむしろ、そーゆーモノや行為を、
部分集合の、そーゆー目でばかり、
見すぎているのであり、
本来、豊穣や生産、豊かな恵みの方が、
全体集合の、広い意味のような気もします♪


不謹慎も、意味とお相手あっての相対的な物ですし、
自粛・節約の類は、
方向性や時限であってこそ、意味があるもので、
すべてにおいて、永久無限に、
息抜き・開放無しの自粛は、事実上無理です。
(占い師さんの言う「気をつけて!」は、
 いつからいつまで、何に気をつければいいのかを、
 知らせてくれるから、アドバイスになるのであり、
 「一生すべてに気をつけて!」では、
 誰でも言えますし、意味はないです☆)

自粛や不謹慎も、考えなしの乱発や、
封殺目的・批判の口実になっては、
本末転倒な気もします。
自分で考えて、適時・適対応で行きたいです♪
by: ぴーさん * 2011/04/07 09:13 * URL [ 編集] | page top↑
----

> ぴーさま

wikiの関連項目を見ると、各地にありますね>奇祭
ただ、新潟の奇祭は開催日が3月13日だった関係で、
今年は残念ながら中止になってしまったそうですが…

現代の日常生活はキリスト教文化の影響が大きくなってますけれど、
この手の奇祭に接していると、古来の日本は性的な物事に対して
大らかな解釈がなされていたのかも、と思います。
(祭られ方が清々しいぐらいに堂々としてますもの!w)


今は神経質なまでの不謹慎ムードは沈静化しつつある印象ですが、
都知事がお花見に難色を示した時には正直、ちょいと首をかしげました。
電力の都合で時間短縮といった考慮は必要でしょうけれど…

パニック防止の名目なのかどうか、色々ごまかされても
近いうちに事実は事実として受け止めなければならないときは来るでしょう。
そのときのことを考えると、行き過ぎた(方向性が曖昧な?)不謹慎ムードは
緊張状態からの狂気に転じかねないのではと、個人的にはこの点が心配です。
by: Lumines * 2011/04/07 17:25 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nasuyolumi.blog43.fc2.com/tb.php/289-7098baa0
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。