スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
五山送り火の件で思うこと
京都・五山の送り火に岩手県陸前高田市の薪を使おうという計画が二転三転し、結局、薪から放射性セシウムが検出されてしまったことで使用中止となりました。

京都市長「断腸の思い」=送り火問題、混乱に謝罪
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011081200899

この件は、はじめ「検査の結果、放射性物質は未検出」と報道されたからか、放射性物質を懸念して市に苦情を入れた一部の京都市民が猛烈なバッシングを受けることとなりました。
個人的には、報道のされ方が、川崎市が震災瓦礫の受け入れ表明をしたときと妙に似ていると思い、どうしてもTVや一部ネットニュースの内容を額面どおりに受け止められなかったのですが…


陸前高田市の松を薪にして、五山送り火に使うことを発案した方のサイトがこちら
今回の問題のまとめwikiがこちら

上記2つのサイトを見比べると、そもそもの原因は、企画者側(発案者、元福井市議)が強引にことをすすめ、そこにマスコミがからんだことで、結果、京都、陸前高田、双方の市民を深く傷つけることとなってしまったのではないかと。
確かこの話が表面化したのは、京都市でも災害瓦礫の受け入れ表明を行なった矢先で、しかも突然出てきた話でしたから、「そんなん聞いてなかったけど、大丈夫なの?」という意見があっても無理はないと思いますし。

それに、私も初めて知りましたが、五山の送り火で使用する木って入念に準備をととのえて作られるのですね。
春に木を切り出して、1年以上乾燥させて…
しかし発案者の動きを見ると、そういった手順があることを考慮していたようには思えず、送り火保存会の立場からすると相当に戸惑われたのではないでしょうか。
震災の被災地ゆかりのものを断るのも、心情的に心苦しかったでしょうし。


被災された方々のために何かしようという気持ち自体は、とても素晴らしいと思います。
ですが、放射性物質の問題や、その場所で決められた手順を考慮せず、「被災者のため」という美名の下に企画をゴリ押ししてしまうのは、違うのではないでしょうか。

そんなわけで私は、謝罪すべきは京都市長だけではないだろうと、少なからず憤りを感じている次第です。
スポンサーサイト
2011/08/13(Sat) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--NoTitle--

今回の松の騒動に関わったすべての方には、お疲れさまでしたというしかありません。
この騒動で分かったことは、国の瓦礫処理に対する方針が全く成り立っていないこと。そして日本という国が広く放射能に侵されているということでしょう。
保存会は宗教上の儀式としてとらえていた
発案者はイベントとしてとらえていた
正直云って、私は(もともと宗教心もありませんし)、今年のみの特例措置としてならやってみても良いのではないかととらえていました。
もちろん放射性物質の問題等は、当然クリアされているという前提の話です。
それが全くなされていなかったこと自体が驚きですし、その結果に復興担当大臣も原発関係者も何らコメントを出さないことにも驚いています。
陸前高田の松だけでなく、東北の稲わら、静岡のお茶、そして遠く離れた佐賀県の松葉や海藻からも既に放射性物質は確認されていたそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=pE7n64Be1co
国がこのままちんたらした対応を続ける限り、今回のような問題はずっと繰り返されるでしょう。
そして、最大の瓦礫は今もメルトスルーし続けている福島原発と、そうなる予備軍である各地の原発なんだということを私達は認識すべきでしょう。
by: 福童 * 2011/08/13 11:20 * URL [ 編集] | page top↑
----

> 福童さん

この騒動は、本来傷つく必要のなかった方々を傷つけてしまったことが残念でなりません。

> 国の瓦礫処理に対する方針が全く成り立っていない
震災瓦礫の受け入れに反対する人たちは、まさにそこを気にしているのであって、被災地を差別する意図はないと思うのですが…
対策らしい対策もとられていないのに、被災地の方が困っているから受け入れに協力しましょう的な流れを作ろうとしている、そんな国の政策は、ただただ不気味です。
細野氏が
「福島県を廃棄物の最終処分場には絶対するべきではない。国として責任をもって処理していく」
とコメントしたことも、不気味さに拍車をかけるというか。

本来なら、汚染の拡大を食い止め、今も汚染地域に住む方々を早急に非難させるのが国の役目というものでしょうにorz


今回の件に限ったことではありませんが、政治家の言うことと報道の内容は100%鵜呑みに出来ないと、つくづく思いました。
by: Lumines * 2011/08/14 00:18 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nasuyolumi.blog43.fc2.com/tb.php/307-a1a1e0bd
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。