スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
取りとめのない話×3
気がついたら6月。
ここ数年、月日が経つのが早いと感じるのは歳をとったからでしょうか。
まぁ実際、歳だけはとってますが^^;

そんなこんなで、ややネガティブなグダグダ話の詰め合わせです。


先日見た夢。
2~3歳ぐらいの男の子がぽつんとつっ立っている。
その子の体の左側が、アザなのかシミなのか、何やら黒っぽい。
母親を探そうとするも、周囲から
「その子は母親がアレだから…」
という声。
だったら児童相談所だ!
窓口どこ!?

…で、目が覚めました。

多分、ネグレクト疑惑が取り沙汰されている母親のブログをじっくりと見てしまった影響かなと。
私は子育て経験が無いので感覚的な違和感しか感じないのだけれど、経験ある方の指摘が非常に興味深く、つい検証したくなってしまったのです^^;
(ちなみに、ブログを見る限りでは彼女の子供にアザはない模様)

もし彼女が世間を騒がせるようなことをしでかしたら(ぶっちゃけ逮捕とか)ここで思いっきり話題にしてやろうと思っていますが。
ただ、親バカアピールなのか、そこに映る子供の様子も顧みず写真なり動画なりをUPしまくるというのも、ひとつの虐待ではないかと考えさせられます。



最近、頭脳の劣化が激しすぎて嫌になりますorz
モノは試しでFacebookを始めてみて、そろそろ1ヶ月が経とうとしているけれどまだ使いこなせていなかったり
(そもそも私のネット活動のスタンスとは合わない気もしてきました^^;)
銀行のキャッシュカードとスーパーのポイントカードの色が似ていて、特にスーパーでカードを提示する際にしょうっちゅう間違えたり…
いっそ銀行の窓口で別のデザインのカードに変更できないものか相談してみるのも手でしょうかね。
もし断られた際には
「じゃあこれ、デコってもいいですか!?」
と、ボケをかま…すのは辞めとこうw

不老長寿という言葉がありますが、個人的に長寿にはそれほど興味はありません。
ただ、いつかこの世とお別れをするまで不老であり続けたいと切に願う今日このごろです。
容姿というより頭脳がねw



最後はこの話題。
映画監督 新藤兼人さんが死去 100歳
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120530/ent12053016140016-n1.htm

つい1ヶ月ちょっと前に100歳のお誕生日を迎えられたことが話題になってたなと思った矢先の訃報で驚きました。
ニュースの報道内容を見ると、大抵「原爆の子」が代表作として取り上げられていて、それに関しては全く異論はないのですが、個人的にはやはり、このブログで3回ほど取り上げた「さくら隊散る」が最も印象深いです。
園井恵子さん 1
園井恵子さん 2
さくら隊 散る

かねてから興味のあった園井恵子さんの生前と最期を、関係者の証言で知ることができたのもさることながら、原爆投下の当日、園井さんと一緒に朝の雑用をこなしていた方(仲みどりさん)が医学的に認定された人類初の原爆症患者であることも、この作品で初めて知りました。

当時の櫻隊のことはネットで調べれば大体の情報を入手できますが、関係者の生の声がある分、公開から四半世紀近くが経った今も情報内容の濃さではこの作品がダントツだと思いますし、特別大掛かりなセットを使っているわけでもなく、櫻隊ができた背景や即死を免れた隊員の足取りが淡々と語られているのがメインにも関わらず、当時広島にいた人間がいかに理不尽な苦しみを味わったかを如実に印象づけてしまう力量は、流石としか言いようがありません。
(これは原爆の子にも言えることですが)

大げさですが、私はこの作品に出会えたことをとても誇りに思います。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
2012/06/01(Fri) | 自分語り・日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nasuyolumi.blog43.fc2.com/tb.php/349-a4d8ac86
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。