スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「つかでございます」
本日(6月27日)急に入ってきた訃報。

元アナウンサー塚越孝さん、死亡
http://www.sanspo.com/geino/news/20120627/oth12062715500013-n1.html

自殺?元ニッポン放送の塚越孝さん フジテレビのトイレで死亡
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/06/27/kiji/K20120627003555660.html


「つかちゃん」こと塚越さんといえば、私にとっては早朝の「朝から大変 つかちゃんです」のパーソナリティとしての印象が強く、夜ふかししてオールナイトニッポンの2部まで聴いて、何となくラジオをそのまま付けっぱなしにしていると聞こえてくる、いわば夜明けの象徴的存在でした。

その後、ラジオの受信環境の関係でニッポン放送から遠ざかってしまい、ライブドア騒動の影響でフジテレビに移籍されたという話を小耳に挟んだきりで、塚越さんの番組を聴く機会も無かったのですが。
昨年、PCとスマホにradikoを入れて、またニッポン放送を聞ける環境が整ったのもあり、最近は
「つかちゃんって今、何か番組持ってるのかな?」
なんてことを時折考えていました。


当時のつかちゃんは、早朝にふさわしい明るく親しみやすい語り口でありながら、言うべき時はきっぱり、ビシッと仰っていた記憶があります。
また、番組中に地元である川崎市の話をちょいちょい取り入れていたのが印象深く、私にとってゆかりのある地域と、つかちゃんの出身地域は少し離れていたので全部理解できたわけではないけれど、自分の住む自治体の現状に目を向ける良いきっかけになりました。


つかちゃんの発言で一番インパクトの強かったものといえば、確かスポーツニュースのコーナーだったかで、ヴェルディが川崎から東京に移転する話題のシメに
「そんな事だろうと思ってましたよ。地元の人はフロンターレを応援しています」
そう吐き捨てるように、しかしビシッと仰ったことですね。

当時の川崎市民がどれだけフロンターレを応援していたかはちょっと分かりませんが、ヴェルディといえはスター選手ぞろいのトップチームで、またJリーグ自体が地域密着を謳っていたにも関わらず、市内で盛り上がっている様子は全く無し^^;
サッカー事情に疎くても、チームが地域に目を向けていなければ市の受け入れ態勢も不完全で、ヴェルディは川崎に留まるチームではないのだろう、というのは何となく伝わってきたものでした。
ですから、あのときのつかちゃんの発言は地元の人の冷ややかな感情を代弁したものとして今も鮮烈に記憶しています。



そんなつかちゃんがこのような人生の幕引きをしてしまうのは…

信じられない。

認めたくない。

そして何より、とても悲しいです。

前述のとおり、私にとっては夜明けの象徴だった人で、その「夜明けの象徴」が自殺してしまうというのが頭の中でどうしても繋がりません。



謹んで
ご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
2012/06/28(Thu) | ネット以外で思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nasuyolumi.blog43.fc2.com/tb.php/351-f2914142
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。