スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
男女逆転大奥 1
連ドラをちゃんと見るのは、かな~り久しぶりですが、毎週楽しんで見ています^^
早いもので、あと2回で終わってしまうのですね。


実は今年の夏にレンタルDVDで映画版(水野・吉宗編)を見たのがきっかけで緻密な男女逆転ワールドに魅入られ、放送開始前の時点で既刊の原作コミックスは全て読んでおりました。

正直、配役に関しては家光役を多部未華子さんがおやりになるというのが想像つかなくて、第1話は確実に見るとしても、その後見続けるかどうかは多部さん次第かな?という感じでした。
決して多部さんが嫌いということでなく、私自身があまり連ドラを見ないことに加えて多部さんの出演作品は他局のCM中にザッピングでチラッと見たかも?程度だったので、本当に想像がつかなかったのです^^;
あと、原作の家光と容姿が全然違うというのもありましたね。

で、いざ見てみると…。
原作と違うタイプの容姿であるにも関わらず、前半最大の見せ場である有功(ありこと:男版お万の方)との抱擁シーンを何の違和感もなく見ることができたのも流石だと思いましたが、先日放送された、いわゆる人柱宣言のシーンも女将軍としての覚悟と説得力が伝わってきて、難役であろう女家光を演じられる力量を持った女優さんであることを強く認識させられました。

多部さん以外にも有功役の堺雅人さんをはじめ演技力のある役者さん揃いで、基本的に原作の流れに忠実なストーリーなので、原作未読でも楽しめると思います。
中でも玉栄(男版お玉の方)が原作のイメージにぴったりで、もし田中聖さんが目の前にいたら放送開始までノーマークだったことを心よりお詫び申し上げたいくらいです。はい^^;
それと個人的には村瀬様のことも感慨深い思いで見ているのですが、これに関しては後日改めて。

あ、ただひとつ気がかりなのは
ドラマオリジナルキャラクターの雪さん、武家の妻および母の役にしては若すぎるような^^;



先述のとおり、現在TBS系列で放送中の有功・家光編はあと2話で最終回となってしまいますが、ドラマ放送終了後の12月22日から、ドラマの登場人物のその後が描かれている右衛門佐・綱吉編が公開されます。

製作スタッフがドラマ版とほぼ同じで、今のところミスキャストと思う役者さんも見当たりませんし、
また個人的には菅野美穂さんは知性と狂気を持ち合わせているというか、才色兼備なのに人として大切な要素(善悪の基準とか)がズレている役柄をやらせたら天下一品だと思っているのでw大いに期待しています。

ただ、スケジュールの都合で年内は見に行けそうに無いのが残念ですね。


大奥 公式HP
http://ohoku.jp/index.html
スポンサーサイト
2012/12/04(Tue) | ネット以外で思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。