スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ガラスの仮面の話など。
日付的には一昨日~昨日になるのかな?
アメトークガラスの仮面芸人がO.A.され、「また土田さんとケンコバさんがいるわw」とか思いつつ、楽しく拝見いたしました。

ちなみに、私とガラスの仮面の出会いは近所の書店のコミックスコーナーで見かけ、1巻を何気に手にとって
「”千の仮面を持つ少女”?ミル・マスカラスかね?w」
などと思いつつ、冷やかし半分でページを開き、そのまま話の面白さに引き込まれてしまいました。
(※当時の私はプロレス好きな小学生で、マスカラスさんの試合はあまり見なかったけれど、低年齢向けのプロレス解説本は熱心に見ていて予備知識だけはありました)

折りしも和田慎二さん、柴田昌弘さんの作品にハマりつつあった時期で、これプラスガラスの仮面に目覚めてしまったことがきっかけとなって成人する前後ぐらいまで花とゆめを買うようになりました。
時系列的には「ふたりの王女」編が終わった直後から紫織が速水の気を引くために色々やらかしはじめたあたりまで、花ゆめ読者だったかと。

花ゆめを買わなくなって以降はガラスの仮面の進み具合も全然把握していなかったのだけど…
紫織さんがあそこまでやらかしてるとはね~。
まさか水に浮くとはw
紫織さんといい、月影先生といい、病弱設定のキャラがしぶといのもガラスの仮面の特徴かもしれません。

ただ、紫織さんに関しては初登場が休載の目立ってきた時期なのもあって、連載が長引いた今となっては最早やらかせばやらかすほど話の進行が停滞してしまって損なキャラだなと思います。


そして、O.A.を見ていてふと気づいたのですが。
ガラスの仮面で最も有名なセリフといえば、今は
「恐ろしい子!」
だと思うのですが、私が花ゆめ読者だった時分は
「今に分かるわ、今に…」
の方が有名というか、ネタ的によく使われていた気がするのですよね。
いつから「恐ろしい子」の方がメジャー(?)になったのでしょう。

上記のセリフは2つとも月影先生のセリフなんですけどね^^



■ちょっとは脈絡のあるおまけ■
「千の仮面を持つ男」こと「仮面貴族」ことミル・マスカラスが入場テーマに使っていたスカイ・ハイを貼ってみましたw
スポンサーサイト
2014/01/25(Sat) | ネット以外で思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。