スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
吐き出しin年度末。
取りとめの無い話ですが、今回はややネガティブです。



天体戦士サンレッドの作者・くぼたまこと先生のブログを久々に拝見し、先生の愛猫「だい」君が永眠していたことを知りました。

「サンレッド」の2巻以降、表紙をめくるとカバーの裏(そでの部分)にはいつも だい君の写真が載っていて、10歳を超えているとは思えない美男子ぶりを堪能するのが「サンレッド」を読む上での楽しみでもありました。

いつかはそういう日が来てしまうとはいえ、愛する存在との別れはとても寂しいですね。
ご冥福をお祈りいたします。




とある不祥事の当事者の一人であり、それに対する謝罪は無い(界隈を騒がせたことへの謝罪すら)。
その不祥事はネットを中心に広まり、ネット上では今だに嫌悪の感情を抱く人が少なくない。

以上の状況でありながらネットで活動をする行為が私には理解できません。
まぁそれは本人だけでなく、周囲の影響も少なからずあると思いますが。
当時も今も、本人たちは周囲に守られているというか…。

それが本人にとって吉か凶かは分かりません。
ただ、本人も周囲も不祥事から何も学んでいないのが本人のネット活動から垣間見えて、個人的には不快でした。




特にこの時期になると考えることなのだけど。
世の中には人の不安感情に付け込む輩が多く存在しますが、そういったものから如何にして身を守るか?
煽っている張本人(カルトの教祖的存在)のみならず、その教えを忠実に守る人たちからもまた然り。

今月は地下鉄サリン事件が発生した月というのもあるのですが、私自身、そういうものに流されやすいのを踏ん張っているところがあり、かつ、過去に「信者」の立場の人からお誘いを受けた経験があるので。

リアルであれネットであれ、良好な関係を築いていた相手が不安感情に付け込まれて変貌していく…
特に、本人は善行のつもりの行為が結果的には弱者への加害行為となっているのを目の当たりにするのはとても悲しいことです。
一方で、彼らの姿は鏡に映った自分自身の姿かもしれないという思いは常にあるのですが。

この件に関してはうまくまとめられず、信者側の人に対してはいろんな意味で私は無力としか言いようが無いのだけれど、情報の真偽を判断する能力を研ぎ澄まし、親身になってくれる人を大切にすることは心がけていきたいと思います。




最後は明るめに。
世間は桜のシーズン真っ盛りですね^^
アニメ版のサンレッドでチラッと登場した二ヶ領用水の枝垂桜も咲き始めています。

先週の日曜日。



おととい。



そろそろソメイヨシノも撮りに行こうかな。
スポンサーサイト
2014/03/31(Mon) | ネット話 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。